> サイト一覧 > 詰将棋を解く / 先月の懸賞詰将棋
 

玉方/12玉、31銀、33馬、44歩/攻方/21飛、26香、55龍/持駒/角桂/

【作者】山路大輔

【正解】34角、同馬、52龍、13玉、25桂、14玉、12龍、同馬、13桂成、同馬、25飛成まで11手。

【解答数】133名→誤解2名

★玉の動ける場所は限られていて、しかも初手15龍という好手が見えています。これは解きやすそう!と思わせる見事な初形。

★初手15龍を同馬と取ってくれれば簡単ですが、13歩合、23角、21玉で攻めが途切れます。正解は34角と捨てる手。23歩合なら同香成以下簡単です。しかし、馬を逸らしてから15龍としてもやはり13歩合で詰みそうになく、意味を掴みかねます。ここで発想の転換、いや方向の転換が必要なのです。3手目は龍を横に動かすのではなく、52龍と縦に動かすのが絶妙の一手! 対して同馬は23飛成以下。合駒は同龍と取って、22飛成があるため銀で取り返せず、意味がありません。玉方は仕方なく13玉とかわして、上部脱出に望みを託します。

★5手目22龍と追撃するのは、同銀、同飛成、14玉、25銀、15玉で詰みません。となると25桂くらいしかないものの、香の利きを止めるため打ちにくいでしょう。この桂を同馬と取られて一瞬怯みますが、43龍という巧みな手があって早い詰み。14玉と逃げて収束に入ります。まずは3手目に動かした龍を捨てて、次に5手目に打った桂を捨てます。単なる打ち捨てではなく、その前に何らかの動きをさせてから捨てるのがポイント。最後は2筋を押さえていた飛香のみで仕留めます。

★詰将棋作家デビュー以来、多くの好作・傑作でわたしたちを楽しませてくれる作者。龍活用の妙や物語性のある捨駒など、味わい深い一品です。


◆「トップページ懸賞詰将棋」現在の在庫1作(2024年4月以降未定)です。皆様のご投稿をお待ちしております。

◆作品投稿はこちらから→【投稿フォーム】

(連絡可能な電子メールアドレスが記載されている作品には、必ずこちらから採否をお伝えする返信メールをお送りしています。投稿から1ヶ月以上経過しても返信がない場合、電子メールアドレスの入力ミスや管理人怠慢の恐れがあります。管理人宛のメールにてご連絡ください。)


トマト使いめりるりら「横に竜が使えないなら縦に使うしかない…と思えば視界が開けてくる。…確か藤井八冠も飛成を竜と書いて詰将棋チャンピオン選手権で満点を逃した記憶が…皆さんも気を付けよう(笑)。」

小林常保「3手目「5二龍」に対して同馬とできないのがよい。また4二合 3二合 2二合いずれもダメなのもよい。令和6年1月1日(月)午前10時39分に解答着手→11時13分解く(所要時間34分)→同日午前11時50分に解答送信しました。」

野甚蔵「初手34角は23歩合いが気になるし、3手目52龍は馬の利きだし、5手目25桂は上部が不安になります。12龍から13桂成の連続捨て駒で、飛車と香が見事につながり、もやもやが一気に吹き飛んで気持ちよい清涼詰めでした。お正月らしい好作品です。」

NORI_560「3手目5二龍。合駒が効きそうで効かないのにびっくり。見事な清涼詰でした。」

kentara7「新年らしく飛竜がダイナミックに動いて爽快な作品でした。」

★偶然ですが、辰年にお似合いの手順。

坂野孔一「6手目同馬の変化の43龍が気付きにくい」

★変化中の好手。

内藤英一郎「あけましておめでとう御座います。新年からスッキリできたような気がします!? 」

renbajinharuhi「一目14に玉をつり出し15竜の筋に見えたのだが上から攻めるには頭の丸い駒ばかりなので迷ってしまいました。発想の転換が必要で横から攻めることに気が付いたら正解に至りました。9手目13桂成に対し、同馬、25飛成派と同玉、24飛成派はどちらが多いのでしょうかね。ちなみに15玉、25飛成は不正解ですか?(感覚的にはそう答える人はいなさそうですが)本年もよろしくお願いいたします。」

宮川忠久「5二龍は視野が広く、豪快な一手。2五桂に同馬と取られたときには、4三龍とする手が絶品で、こんな手順があるのかと驚きました。詰将棋とは奥が深いものだと改めて考えさせられる作品。」

石原 守「24年龍年ということで,詰め上がり2四に龍ができるように解答してみました。 」

★心遣いに感謝。

吉田真一「元の龍が消え、新たな辰で詰め上がる…といったところでしょうか。桂も名脇役という感じを受けました。」

今野盛基「15竜を本線で考えたので時間を要しました。」

shimacharo「25桂が打ちづらかった。」

南里憲司「守備の馬の利きに、2度の竜回り」

★龍を取れば殊勲のはずが、まさかの敗因。

ふーあんこにゅ「大駒の押し売りラッシュが酒呑め強要みたいで、ある意味「新年らしい」一作だったかと。最後は「じゃあちょっとだけ」で小駒を呑まされてあえなくダウン、という感じ。」

井上泰夫「最初に強く角で攻めてから、急所を次々とガンガン行ってから、最後に頭から逃げ道を塞いでいたのが豪快に思えました!またよろしくお願いいたします。」

大野芳樹「龍を縦に利かすと思ったのですが、横に利かすとは意外でした。初形図は、干支の辰ですか?」

S.Kimura「横から攻撃するとは思いませんでした.」

大井芳行「馬(角)と龍(飛)の戦いですね。今年は、躍動的な年になりそうな気がします。 ニコニコ」

空蛙「初手1五竜から考えて苦戦しました。わざわざ馬を3四に誘ってから、効きすじに入る5二竜!管理人さんの好みかと。その後もスキのない手順を堪能させていただきました。どうもありがとうございました。」

高橋昌之「作者と選者の意図を汲んで最終手は24龍にしました。」

★実は、作者もわたしも気付いていませんでした(^^;

角田幸秀「初手34角、3手目52龍が決め手である。」

黒柳淳之「シンプルな良形で、龍を1二で取らせて逃げ道封鎖をさせれば、後は簡単。最後は飛が成るのが見えました。また、詰手順が面白いです。ありがとうございました。」

市原 誠「大きく捌けて、気分爽快でした!」

アニメおたく「わざわざ角を捨て馬に取られるようにしてからの52龍がいかにも詰将棋の醍醐味ですね 最後の変同はあまり気になりませんね。」

西村 章「44歩があるのでまず34角と捨ててみたいし、次は同馬と取れないので52龍と入ってみたいし、次は13玉には25桂と打ってみたいしと自然に手が進み、最後は龍、桂を捨てての清涼詰と新年に相応しい爽快な作品でした。」

あなすい「新年明けましておめでとうございます。年始から中々解けずなんとか回答した感があります。本年もよろしくお願い申し上げます。」

白石直人「4手目3二合なら同龍→2二飛成、6手目同馬なら4三龍→2三飛成で詰むが、暗算だとなかなか見えにくい。」

源川さとし「55がなんで龍なのかが、よくわからなかったです。辰年だからというのはあるでしょうが。34角同馬を見つけた後、55龍だからと15龍に行く手を読んでいてうまくいかなかったです。52龍に気付いてからは比較的早めに答えに辿りついた気がします。読みが違う方に誘導されたという点で、55が龍である意味を感じました。なんか他に意味があるんでしょうか。」

★龍である意味は2点考えられます。ひとつは紛れ(誘い手)を増やすため。もうひとつは成不成非限定を消すため(飛だと3手目は成っても成らなくてもよい)です。

★「5五の龍」と言えばあの漫画が浮かびますが、これは関係ないでしょう(^^;

神品和男「上から回ることばかり目について悩んだ」

砂川順一「わりとコンパクトな初形からダイナミックな手順を秘めており、最後まで楽しめる作品。」

武内洋介「狭そうな玉だが、馬の守備が強力でなかなか捕まらない玉でした」

安井 豊「作者名にビビる。」

★挑戦して絶対に損をさせない作者ですね。

三森 満「難しかったです。」

伊原恒裕「初手のための持ち駒・角が紛れを増している。後は大駒乱舞で奇麗に収束。構図も見事。」

山田毅久「妙手連発でとても良い作品でした。特に三手目と五手目が指し難かった。」

池田 明「初手1五龍だと思ってましたので少し迷路にハマりました。」

吉田清一「5五の竜を縦に使うか横に使うか悩みました。又、9手目の▲1三桂成が、かっこいい決め手。」

森田 正「34角〜52龍の組み合わせ技が素晴らしく、緩みのない収束。6手目25同馬の変化の43龍の味も良い。」

ダウドナ「明けましておめでとうございます。竜の回転が面白い。辰年に相応しい作品。」

木村 正「6ヶ月(半年間)連続の清涼詰の出題でした(清涼詰とは詰上がり図で詰方の駒が最小の2枚と云う意味です)このコ−ナ−では清涼詰が多いですが偶然ですか?それとも意識して出題していますか? でも ストック(在庫)がよくありますネ!」

marsall「52龍〜43龍という押し売りの筋かと思ったが、それは変化で出てきた。最後綺麗に捌けて素晴らしい。」

近藤寛己「55飛ではなく竜にしたのは、3手目52飛不成とするひねくれた解答を避ける意味もありますか。」

青江邦正「2五桂が打ち難い。」

山田 正「2手目で「2三歩合」とすれば同香成 2一玉 1三桂 1一玉 1二成香まで7手早詰みとなります。この2手目「2三歩合」に対して同飛成も詰みますが 同角成では詰まないようですか?」

★同角成でも詰み。ご一考を。

井上浩一「角を捨てて、5二に馬を利かせ、そこへ龍を突っ込むという前半、1三桂成というすっきりした捨て駒の後半。最初から最後までよくできた詰物でした。」

堀口一雄「年初めの問題、手強かったです!執拗に馬へ働きかける手順、中々見えませんでした。25桂が打ちづらく、同馬の変化(43龍!)も気持ち良いです。最後は清涼詰でスッキリ。」

森谷千代夫「思い切った駒すてで詰将棋の醍醐味を堪能。5五龍が生飛車でないところが味のいいところです。」

松岡利忠「なんか、自信がない、ほかに正解がありそうな気もする。」

原賀立太郎「詰方「5五龍」の配置ですが生の「5五飛」でもよいのではないでしょうか?他の意味がありますか?」

寺村旺恭「3四角で馬を離してから5ニ飛成が好手順。」

有吉弘敏「右上隅の簡潔な初形だが、既成手順を上手く回避している。2,4,6手目の各変化や5手目22龍の逃れ方が楽しめる。」

坂本栄治郎「初手が、1五龍の見せ球かかった。」

松崎一郎「アメイジング!シンプル(初形)かつダイナミック(詰め手)、そしてスマート(清涼詰)。」

高田 望「難しかったです。10手の応手、同馬・同玉・15玉とありますが、2024年の新春詰将棋なので24竜で詰み上がる同玉が作意ですか? 」

北畑和美「初めに竜を右に,上にと動かして行き詰まっていた。先に角を打てば合駒が効かないんですね。」

村井大士「合駒が効きそうで、効かないので、不思議な感じがしました。」

★この合駒処理はなぜか新鮮に思えました。

川端 潤「飛成を実現するには馬を遠ざければよいので、龍を縦に使うのは理にかなっているのですが、これがやりにくい。」

中野 実「今回は金が登場しませんでした。」

治山治水「明けましておめでとうございます。新年早々今回の問題は5五の龍と飛が消えて詰むと勘違いし、思考していたので解答に至らず(>_<)(>_<)。再度ヒントを確認したら何と5五龍のみとのこと!!!本年も勘違いには注意しろとのことでした。」

坂口修治「3手目の5二竜がわざと馬筋に入る気付きにくい好手。その後も緩みない詰め将棋らしい好手で収束。すばらしい作品ですね。」

熊谷直樹「5五龍を縦に使うか横に使うかで迷いました。どの変化も龍を馬で取らせれば詰むことが面白い。」

りらっくす「龍が大活躍でスッキリです!」

稲月健一「どこを切り取っても完成品で素晴らしい作品。眼福です。」

★どの手も格好良いですね。

中村丈志「解き終わるまでに何度も楽しめる作品」

三宅周治「馬が効いているところに角、竜、桂馬を打ち、最後に竜を回る手順がうまい。」

堀口真志「5二龍は意外(龍は1五に行くものと思っていました)。4二、3二の合駒はいずれも同龍で同銀と取れないところがミソですね。」

松田悠吾「変化紛れが巧妙に作られている。34角と捨てて馬を52に利く位置に呼んでから52龍とする感触が最高。」

川浜次夫「5五飛なら5二飛成もありだが、龍だと心理的に5二龍は指しづらい。」

宮田敦史「初形から手が付け辛いが、何と言っても自ら香筋を遮断する25桂!!が超絶品。」

小林 衛「合駒問題のように見えますが そうではありませんでした。」

友沢友春「上手く捌けていて、面白いと思います。本年もよろしくお願いします。」

倉田 康「桂馬をどう打ってどうさばくかが見えなかった。詰みが発見できたので前向きに頑張ろうという気持ちがわいてきました。050108記 アマ8級」

浅沼英樹「謹賀新年」

小林理恵「初手「2四桂」で詰めば傑作でした。」

原田雄二「初手34角、3手目52龍、5手目25桂が難しかった。」

RINTARO「龍の活躍。わざわざ取れる位置に馬を移動させるのが上手い。最後は「24の龍」ですね。」

安井 進「巧妙に 玉を封じる 飛び道具」

米村玲ニ「ヒント欄で、「5五の竜が消える」とあるから、真っ先に思いつくのは1五竜。初手の模索に時間がかかったが、3四角が分かれば、あとはすんなりと行った。」

片山 知「初形4五龍配置なら4四歩は消せたでしょうか?2段目に龍が突っ込んだときに同馬の変化が無くなりますが。」

★おそらく作者も考えたと思いますが、残念ながら初手23飛成から清算して詰み。

北原幹久「新春を飾る詰パラトップページの巻頭詰将棋、流石に看寿賞受賞作家、山路さんの作品だけのことはあり、その構成と手順の妙にも心から感服した。馬の利き筋を変える角捨てから入る初手も意外だが、龍は1五から縦から入りたいところを5二へ横から入るその意外性、さらに1三玉に対して2五桂と香筋を遮る桂打、そして、最期はダメ押しの「清涼詰」!見事である。今年は新春から不幸続きの始まりと思ったが、この作品でスタートするなら、何かいいことがありそうな辰(龍)年の予感がする。」

上谷昌昭「3手目が全く見えてなかった…。馬を1段上に動かしたおかげで合駒が効かなくなるのですね。」

茅野貴裕「2五桂と重く打って1二竜と捨てる手が見えづらかった。」

荻原和彦「初手で▲15龍としても取ってくれない。3手目▲52龍も取ってくれない。5手目で▲43龍も取ってくれないし、本譜▲25桂(△同馬に▲43龍の目論見)も取ってくれない。本作は玉方の「取らず」が印象に残る好短編。ただし、難問かも知れず。」

★5手目43龍には33歩合で困ります。

本多「初手1五竜にはまり、3四角は気分転換で読みました。」

木火「初手▲1五龍(不詰め)だけでなく、3手目▲5二龍(作意順)が見えたのが幸運でした。」

小川晃生「前月に続いて、私の苦手な大駒問題ですね(*.*)解けた時の爽快感は格別でした(^-^)/」

依田邦久「二日間ぐらい迷宮に入り込んでしまいました。私にはかなりの難問で、ヒントを見てしまいました。初手15龍の筋ばかり読んで、詰将棋とは思えない手ばかり浮かびました。ふと52龍捨てが浮かび、後はあっさり解決でした。」

川人幹男「3四角が なかなか、思いつかなかった。」

GEDZI「これは解けてうれしかったです。初形、なかなか手が出ませんでした。▲25桂に▽同馬の変化もカッコいいですね。新年に相応しい、凛とした一作。」

久保貴史「今年の幕開けから大変な出来事が続いたがせめて盤上では自由な世界を望みたい。」

片岡正人「1五龍が詰みそうで詰まない。5二龍がぬるそうでそうでない。いい作品だと思います。」

kabo「馬を翻弄する手順が楽しいですね。大駒は近づけて受けよ、を地で行く25桂が見えにくく(取ったときの43龍の見えづらさもありますが)、少し悩みました。」

北町奉行「1筋に龍を回っても手が続くのでかなり考えてしまいました。解答を書く時に龍や馬の位置が頭の中で混乱して苦労しました。」

松尾 剛「大技連発。2五桂は同馬で不詰と思っていたけど、4三龍は凄すぎ。」

さんちゃご「5五の龍の初形といい、飛車が龍に成る詰め上がりといい、龍の年の始めに相応し過ぎる作品。」

渥美雅之「初手34角に25桂は打ちにくい手だが、後続の手順よく詰め上がりました。」

鈴木康弘「玉方の馬の位置を変えておくと、5二龍に合駒が利かないのが盲点になった。」

眞壁朝春「3手目に1五龍を考えて、しばらく途方にくれてました。」

黒木雅明「初手は実戦では打ち辛いが、詰将棋では第一感でなんとなく打ってしまう。その後の攻防も締まっていて見応えあり。」

ATPX4870「玉方44歩は、角の限定打のためだと想像できます。従って、55龍は、52へ行くのかと気づきました。最後は清涼詰。紛れが多い、洗練された手順が続く好作ですね。」

貴棋「馬に取られる位置に次々と攻め駒を進めるのが痛快。」

★取るか取らぬか、馬は大いに悩んだはず。

小野寺隆「合い駒が効くかと思ったら、効かないんですね。」

佐々木昭則「最初、龍を縦に使うか、横に使うかで相当迷いました^^;最後の桂捨てが鮮やかな決め手ですね。駒を惜しみなく捨てて、馬を翻弄する。新年らしい爽快な作品です^^」

荘山「初手15龍を読みましたがダメで、34角〜52龍〜25桂まで来て、同馬で止まってしまいました。でもここで43龍を発見。私は本譜よりこの変化の43龍を気に入っています。」

★ここは53龍でもほぼ同じなのですが、なぜか馬の利きに43龍を選んでしまいます。

渡辺 良「取ってほしいのになかなか取ってくれない馬との攻防も、ついに1筋で決着。楽しかったです。」

坂野 均「中学校レベルまでですが、山路氏作には解図欲をそそられます。龍を取らせようと迫る手順が見事です。」

占魚亭「龍捨てを見越した受方馬のライン変更が上手い。」

佐々木一範「初手1五龍から読んでしまい、年始から悩まされました。」

長谷川和久「馬の守りが強力で参りました。」

吉野松樹「玉方の馬を翻弄するところが鮮やか。」

田中 博「強力な馬の守備力を回避するのが大変。龍は52へ行くのか15へ行くのかも問題。」

松本 繁「初手34角の後、同馬で15龍としたのがまづかった。合駒されるとダメでした。なので52龍も同じと考えたのがつまずきの原因。実戦なら敵陣に入るところなので残念。新年早々から苦戦しましたが、今年も全問正解できるように頑張ります。」

青山良秀「馬の守備力を如何に弱めるか。龍が大車輪で活躍。」

あるる「打ち上げ花火下から見るか横から見るか。個人的には6手目△同馬の変化が妙に読みにくかったです。」

変寝夢「合駒がないのに、一筋縄ではいかなかった。」

★最後に作者の言葉を。

作者「・龍を縦に使うか?横に使うか?
・馬利きへの龍捨て×2
・25桂に同馬では43龍捨て」


【当選者発表】

■お一人様で何通もの解答を送られた場合、もっとも先に届いたもののみ有効とします。また、お名前(ハンドルネーム)は必ず記載してください。記載のなかった場合、メールアドレスの最初の部分(「@」の直前)の一部を掲載させていただきす。お名前、アドレスともに記載のない場合は、短評のみ掲載し、正解者リスト掲載や抽選からは除外いたします。悪しからずご了承ください。

詰パラ最新号を5名様に進呈いたします(定期購読者の方は誌代1ヵ月分入帖)。

■解答時にメールアドレスを記載された方には、発送先をお尋ねするメールを送りますので、折り返し必要事項をお知らせください。

当選者はこちらの皆様です!

 当選者……aosagiさん、鈴木康弘さん、熊谷直樹さん、荘山さん、大野芳樹さん

■おめでとうございます(^-^)


【正解者(変則五十音順、敬称略)】

【英字】 aosagi■ATPX4870■GEDZI■kabo■kentara7■marsall■NORI_560■
renbajinharuhi■RINTARO■shimacharo■S.Kimura■
【記号・数字】  
【ひらがな】 あなすい■あるる■さんちゃご■そらお■ひいくん■ふーあんこにゅ■りらっくす■
【カタカナ】 アニメおたく■ダウドナ■トマト使いめりるりら■

【あ】

青江邦正■青山良秀■浅沼英樹■渥美雅之■有吉弘敏■池田 明■石井定男■石原 守■市原 誠■稲月健一■井上浩一■井上貴裕■井上泰夫■伊原恒裕■今井一之■江口雅春■大井芳行■大野芳樹■岡山 忍■小川晃生■荻原和彦■小野寺隆■
【か】 角田幸秀■片岡正人■片山 知■上谷昌昭■川石隆志■川人幹男■川端 潤■川浜次夫■貴棋■北畑和美■北原幹久■北町奉行■木村真二■木村 正■久保貴史■熊谷直樹■倉田 康■黒木雅明■黒柳淳之■桑原英明■神品和男■小林常保■小林 衛■小林理恵■近藤寛己■今野盛基■
【さ】 坂口修治■坂野孔一■坂野 均■坂本栄治郎■佐々木昭則■佐々木一範■白石直人■鈴木康弘■砂川順一■占魚亭■荘山■空蛙■
【た】 高田 望■野甚蔵■高橋昌之■滝沢 創■武内洋介■田中 博■治山治水■茅野貴裕■寺村旺恭■友沢友春■
【な】 内藤英一郎■中野 実■中村丈志■西村 章■西村勝憲■
【は】 長谷川和久■原賀立太郎■原田雄二■変寝夢■堀口一雄■堀口真志■本多■
【ま】 眞壁朝春■松尾 剛■松岡利忠■松崎一郎■松田悠吾■松本 繁■三浦健一■源川さとし■南里憲司■三森 満■宮川忠久■三宅周治■宮田敦史■村井大士■木火■森田 正■森谷千代夫■
【や】 安井 進■安井 豊■山内博文■山田毅久■山田 正■吉田真一■吉田清一■吉野松樹■依田邦久■米村玲ニ■
【ら】
【わ】 渡辺 良■

 


このページのトップへ