> サイト一覧 > 詰将棋を解く / 先月の懸賞詰将棋
 

玉方/11香、12歩、14玉、21龍、45と/攻方/24角、26香、53馬/持駒/歩/

【作者】松田圭市

【正解】15歩、23玉、51角成、13玉、31馬、同龍、14歩、同玉、24馬まで9手。

【解答数】160名→誤解2名

★初手は歩を打つ一手。問題は3手目、どこに角を動かせばよいでしょうか?

★馬を作りつつ玉に取られないように、42角成を考えてみましょう。34玉には43馬引がピッタリ。合駒も気になりますが、24歩合は同馬、32玉(22玉は23馬)、42馬右まで。25歩合は意味がありません。よって13玉と逃げます。ここで31馬、同龍、同馬と進めばしめたものですが、最初の31馬に22歩合と受けられてうまい王手がありません。3手目42角成は失敗でした。

★正解はもう一歩踏み込んだ51角成! 2枚の馬を並べず、ずらすのがポイントです。13玉に対し同じように31馬と王手しますが、先程と違い、53馬を動かしています。これなら22歩合に24馬と引いて詰むので、31同龍と取るしかありません。ついに2筋から龍の利きがなくなりました。初手に打った歩をちょこんと突き捨て、馬を引いておしまいです。

★角を大きく動かす一手と元の位置に引く最終手、この組み合わせが見事です。やさしいながらも詰将棋らしい捌きがあり、好印象の一作と言えるでしょう。

★2020年度の全題正解者を末尾にて紹介します!


◆「トップページ懸賞詰将棋」現在の在庫0作……[2021年2月以降]未定………皆様のご投稿をお待ちしております。

◆作品投稿はこちらから→【投稿フォーム】

(連絡可能な電子メールアドレスが記載されている作品には、必ずこちから採否をお伝えする返信メールをお送りしています。投稿から1ヶ月以上経過しても返信がない場合、電子メールアドレスの入力ミスや管理人怠慢の恐れがあります。管理人宛のメール掲示板にてご連絡ください。)


岸本昌大「中合かと思ったがあっさり系。」

★11香を桂にすると、いろいろ遊べそう。

今野盛基「遠くに成る不利感より、馬筋の重複を避ける。」

松下拓矢「3手目▲42角成だと5手目の▲31馬のときに、もう1枚の馬が53だから△22合で逃れる。これと正解の▲51角成を比較すると、なんだか53馬が2マス直進したような感じがして面白い。」

村山 司「詰めに至るまでの紛れが比較的少なかったので、それほど迷わずに解くことができました。」

西村 章「53馬の使い道を考えているうちに3手目が見えてきました。初形と最終形の対比が面白い問題でした。」

★いわゆるスイッチバックですね。

目堅浩久「初手が2通りしかないので入りやすかったな。でもわざわざ龍の筋に成る5一角成が本作のミソ。」

福島 宏「51角成がポイント。」

石原 守「4二に成って困っていましたが,ヒントを信じて5一に成ると順調に詰みました。」

藤崎博也「3手目、5一角成がポイント。4二角成では詰まない。」

竹田孝二「3手め角をどこに成るかですが難しい手はなくやさしい問題だと思います」

タカシ「馬2枚が重複して行き詰った末に、5一角成に辿り着いた。3四玉と逃げても5二馬引きで捕まっている。うまくできている。」

井上浩一「向かい合った2一の龍と2五の香、3一に利いている馬という配置で、3一馬と捨てて龍の利きを外し、2四角が馬になれば詰むと一瞬で見えました。詰将棋の基本のような作品でした。」

原岡和生「51角成の限定は気持ちよかった。今年は一年間、休まずに出すことができました。」

南里憲司「守りの竜筋をそらす」

★解くヒントになります。

中山正夫「3手目の51角成が限定でした。解ると嬉しいものです。」

深澤隆行「24や25に合駒が出るのかと。」

吉田真一「割とすんなり解けたと思います。2四の利きを残す角成りがポイントだったように思います。正解ですか?」

アニメおたく「51角成が面白い一手ですがもうひとひねり欲しい気がします。」

青江邦正「1四歩が好感触。」

高橋昌之「今回も15歩からのスタートでしたね」

★10月の問題も15歩でした。

堀口一雄「「24への合駒問題?なんかおかしい!」と思ったら、角の限定移動だったんですね。最初に打った歩もうまく動いてきれいな詰上がりですね。」

安井 進「開き王手 一路違えば 天地の差」

治山治水「なるほど、4五のときんが何のためにあるのかと思ったら自玉の逃げ道の邪魔をしているのですね。今回はクリスマスプレゼントのような問題でした。」

RINTARO「51角成が妙手。初手に打った歩も消去し、還元玉で好作です。」

宮田敦史「飛び道具の多い貧乏図式だし空中的だし、トップ詰将棋にしては珍しいタイプの作品。」

★これで合駒が出てくると採用をためらうかもしれません。

大森常一「一番遠くに角が成るのは面白い構想ですね。」

坂野孔一「51角が成限定なのがいい」

★4手目34玉の変化に対応。

黒柳淳之「5一馬から3一馬捨ての龍筋を変えさせての2四馬まで。割とやさしい問題でしたね。持ち駒も作図も好きですよ。」

papaci「初手は▲1五歩しかなく、3手目に角の成る場所が趣向かと思います。ただ、4手目△2五歩(桂)と中合されると駒余りで11手詰めになるのが気になります。」

★取った駒がそのまま余って詰むので、無駄な合駒(=無駄合)です。

marsall「3手目不成、4手目歩の中合かと思ったけど簡単なのでおかしいなと思ったら、13玉とよろける手があった。そうなると角を成る場所が限定されるのは(当たり前だけど)うまくできている。」

のざわゆきお「初手に打った歩が、詰めあがり前のアシストに、もうひと働きするあたりが、味わい深かったです。」

★突き味抜群。

あなすい「ヒントがなかったら3手目4二角成としてしまい迷ったと思います。」

井上泰夫「3手目の馬が最後にピタッときっちりと詰ましていたのが、2020年最後の作品に相応しかったです。」

空蛙「玉:ちょっと下がって戻ってきたら隣にいた角が裏返って…。」

瑠璃星「持駒が少なく、盤面の駒も少なく、初手も限られていて、解く気にさせる軽いタッチのいい問題でした。角が遠く成るのが、とぼけた味で面白いです。」

小池邦彦「3手目がすぐ指せたら,有段者かも。また,指せたとしても,合駒されたらどうしようと悩みがち。」

白石直人「一瞬、3手目を4二角成であれ?と思ったが、そこ以外はほぼ一直線だった。」

kabo「角を最遠の51限定に成らせ、元の位置に馬として引き戻す狙いの動きがきれいに実現された美しい作品ですね。玉も初形配置に復元され、持ち駒の歩も突き捨てで消える辺りも美しいです。年末に良い作品に出会えました。みなさま良いお年をお迎えください。」

伊藤 淳「4ニ角成では不詰、5一角不成でも不詰、はじめに打った歩を最後に突き捨てて収束するのがきれいでした」

久保貴史「重ならない馬(角)に上田吉一氏を思いだす。最初に打った歩を消す収束も心憎い。一桁手数で主題を明確に表した作。」

トマト使いめりるりら「3手目が全ての問題…って、ヒントが本当に直球ですね(笑)。」

ふーあんこにゅ「ひとえに三手目ですね。正直なところ、角の空き王手に駒限定の中合いの筋にした方がより難しい作品になったかな、という気もします。今回の配置だと中合いは全てあっさり詰んでしまうんですね。」

★作ってみたくなりませんか?

加賀信也「51角成のところ、42角成もありかと一瞬迷った。」

浜野乙三「2枚馬を生かす51角成がうまい。」

杉山正一「3手目は普通に指すなら、4二角成から考える。しかし、守りの竜、と金が強力で詰まない。」

ds竹「仏壇返し!」

内藤英一郎「4二馬でだいぶ考えました。」

吉野松樹「2枚の馬の利きをクロスさせるところがうまい。」

renbajinharuhi「初手は15歩しか見当たらないので実質7手詰。この一手の23玉に通常は42角成だろうが、それだと混迷の道に迷い込みそう。大駒は大きく使えの見本のような51角成が好手で解決。」

大野芳樹「三手目がポイントになりますが、5一に成るのが盲点でした。最初は、角を成りそれから捨てて、馬で詰ますのをイメージしましたが、結局逆になりました。意外性のある作品でした。」

山田毅久「洒落た角使い。」

twd「トップページの詰将棋は王道の華麗な作品が多い印象ですが、今回はパズル的面白さですね。馬が交錯して落馬しないように。」

★いろいろな詰将棋を楽しんでいただけると嬉しいです(^-^)

三浦高義「1四歩の発見に苦労した。」

ゆるた「14歩が気持ちのいい軽手。初形の位置に角が馬になって戻ってくるのが面白い。」

近藤寛己「3手目、グッと踏み込みました。」

坂本栄治郎「龍の翻弄面白い」

shimacharo「やさしいながら、ハッキリとした主張があって、良い作品と思う。」

伯井清行「初手は「1四歩」しか考えようがない。3手目「4二角成」は「1三玉 3一馬」の時「同竜」とは取って呉れず、「2二歩(又は桂)」とされて詰まない。4手目「3四玉」は「5二馬引く」以下、早詰みとなる(玉側の「4五と」が、玉の逃げ道の邪魔になっている配置に味がある)。「1三玉」に「3一馬」が強烈な決め手となる。これに対し「2二合駒」は「2四馬」まで7手詰になるので「同竜」。」

亀井慎太郎「51角成る(成らなくても良いのかも知れないが)。これが、この詰将棋の味わい所ですね。先月は、最後の最後で、ポカしてしまいました。本当、よくよく見るが宜しですね。 苦笑 今月は、大丈夫だと、祈りたい。 パンパン」

あいうえお「最初の2手はこれしかありえない必然手で、なぜこの手順が入ったかが謎です(収束に突き歩を含めたかったからですかね?)。出題図と詰め上がり図がほとんど同じというところにいささかとぼけた味がある気がしました。」

★この2手のおかげで、玉と角の動きが面白くなります。

市原 誠「とても素直な手順で、解きやすかったです!」

岩田章利「角が馬と重ならないよう遠くに成る。最初に打った歩を前に進め、玉は戻る。いいですね。」

佐々木一範「初手がこの一手なので、あとは角を成る場所だけ。すんなり解けて良かったです。」

三森 満「4二角成では詰まないところがいいです。」

堀口真志「初手は必然。3手目に角をどう動かすかがポイント」

うーまん「角を成る場所が問題。」

山本紀明「5手目の31馬が妙手でした。 最後の24馬の詰め上がりが格好いいですね。」

木火「1・3手目の手が広くて考えにくい問題でした。」

りらっくす「爽やかスイッチバック!」

坂野 均「角を53馬の筋に成らないのがポイント。」

三宅周治「2枚の馬の連携プレイがお見事でした。」

依田邦久「角の成り場所が全ての作品でしたか。ちょっとした小品です。」

安井 豊「変化の方が難しい。」

★4手目34玉は少し考えるかも。

中村丈志「2枚で終わるのがいい。」

鈴木康弘「感覚的には3手目で角を玉の近く(4二)に成りたくなるが、それだと馬の進路を遮ってしまうので詰まない。」

原賀立太郎「常連出題者の松田圭市さんの作品にしては単調でした。次回はもう少し難解な作品をお願いします」

小林常保「5一角成の限定移動・成限定と清涼詰(詰上りで詰方の駒2枚)が詰将棋らしい。平成29年から令和2年までの4年連続 全48問正解者になりました。令和2年12月2日(水)午後5時10分解答に着手→午後5時18分解く→同日 午後5時35分解答送信」

黒木雅明「4手目25中合は伏線ですか。」

大井芳行「4手目で「2四合」なら同馬 3二玉 4二馬左 2二玉 2三馬まで9手詰 駒余りとなりますが この変化が単純でした。」

小川晃生「初手がほぼ一択なので、最速解答記録を15分に更新( ゚Д゚)なだけに、間違ってそうで怖いです・・・」

★自信を持ってください!

宮下輝一「七手目の歩突きが爽快。」

上谷昌昭「5三の馬が動けるように奥まで成り込むのがポイント。最初に打った歩も最後にさばいてすっきりとした仕上がりですね。」

中野 実「もし 今年の出題作品12問で人気投票のコンクールをすれば1位は令和2年3月の宮田敦史氏(専門棋士)の作でしょう。私は毎月の結果発表(全解答者の感想など画面表示)をファイル保存してあります。過去を見られます」

池田 明「持駒歩でなく1六歩の配置にするとつまらない」

松岡利忠「51に成りさえすれば解決。」

片岡正人「実戦だったら、4二あたりになってしまいそう」

小林 衛「3手目に4二角成とできないのがよい。」

木村 正「この問題を解くのに考慮時間を1時間以上も費やす方はまずいないでしょう」

伊原恒裕「きれに収束。」

友沢友春「3手目の角成の場所次第で、詰むや詰まざるや。」

山田 正「4手目で「3四玉」なら5二馬引 3三玉 4三馬寄(引)まで7手詰となりますが この変化も単純でした。」

GEDZI「遠くに角を成らないと最終手が指せない仕組みは、なるほどと思いました(^^)」

荘山「51角成が味のある手ですね。」

原田雄二「3手目は51角成です。2020年も全問解答できました。」

★お疲れさまでした。

バビル3世「最初に打った歩が回収できるのが好感触」

川崎宗男「初手1三角成か1五歩しかありえず、わかりやすい。次の角が1路遠く成り込むのと、その馬と玉が最後に元の位置に戻って詰むのが面白かったです。スイッチバックというのですか。打った歩も取らせてなくなっています。」

川浜次夫「3手目に角をどこに動かすかだけの問題に見えました。後でヒントを見るとそのものズバリでした!(^^)!」

山岸 格「持ち駒に歩=角不成を考えてしまう条件反射を何とかしたいです。」

★もう将棋は指せません(^^;

川端 潤「年末大サービス問題。よいお年を。」

宇貞光明「3手目の51角成が、狙いの一手。4手目24合駒は、早く詰む変化。3手目に大きな比重がかかった作品。」

S.Kimura「51角成がうまい手でした.」

マル「軽快な一作で気持ちよく解けました。」

矢馬先龍氏「3手目より、4二角成 1三玉 3一馬 2二桂合の紛れを最初考えたが、どうしても詰まず、5一角成を発見。この駒数で最遠移動とは!」

ダウドナ「最近は、いきなりヒントを見る癖がついてしまった。只、ヒントで勝手なイメージを持ってしまう事もある。やはり最初はノーヒントでいくべきですね。」

★ヒントは薬にも毒にもなりそう。

カーズィ「△1三玉が見えなかったため、7手詰になる筋ばかり読んでしまいました。難易度はそれほど高くはなかったですね。」

有田和洋「シンプル過ぎて…」

ひろてん「あけましておめでとうございます、今年もよろしくお願いします。4五のと金が玉の逃げ道を閉ざしつつ馬引きの余詰めも消しているいい配置ですね。」

佐々木昭則「3手目42角成に拘ってしまい、紛糾しました^^;これだと53馬の邪魔駒になるのですね。2枚の馬が華麗に舞うスカッとする良作でした^^ いわゆる「還元玉」の作品でしょうか。」

北畑和美「初手に打った歩がきちんと消えるところがきれいですね。3手目限定成もいいですね。」

★手慣れたものです。

ぶーのん「とりあえず打って、逃がしたところで、さて、と考える。42に成ってウマくいかず、ヒントを頼りに51角成に気づく。馬筋はダブらせずに、53馬の筋を通しておくのがカギなのですね。6手目、22飛(香)合として同馬と取り、同龍に14から打って、変同かと思ったら何のことはない、単に24馬で詰んでいた(汗)。最後、打った歩も消えるのですね。ウマい一題です。」

高橋隆樹「平凡な初手に始まり、31馬や14歩のタイミングが絶妙な作品でした。」

森田 正「解図欲をそそる初形。51への角の限定成からのスイッチバックが心地良い。」

渥美雅之「3手目の51角成が急所の一手。42角成では詰まない。簡潔な構図で紛れがあり面白いですね。」

北町奉行「3手目は42角成では31馬、同龍の時に53の馬が働かないので51角成かなと思いました。先月は解答の送信を忘れてしまいました…。来年もよろしくお願いいたします。」

野甚蔵「3手目の角最遠移動成りの意味付けが新鮮な感じです。53馬の利きを塞がないためですね。実戦ならば、32への逃走路を断つように42角成として天を仰ぐことでしょう。塚田流を思わせる好作品と思います。」

長谷川和久「初手はこの一手、問題は角の行き先。」

早田弘之「3手目何方に角を成るかが問題 42では馬筋がだぶり31馬は22に合駒が効くので成るのは51ヘ 4手目34玉は52馬引で早いし捨合は無駄合今月は素直に解けた 前月の真壁さんは解けなかったので 」

さんちゃご「初手に打った歩が、最後にもうひと働きする。無駄がない。」

Colin「楽しかったです。ありがとうございました。」

小野寺隆「4二角成がダメであることに漸く気がつきました。」

kentara7「左辺が広そうでしたが、意外と捕まえきれました。」

★馬の足の長さは頼りになります。

高西慶次郎「初手の王手が2通りしかなかったので、実質七手詰の問題でした。わたくしにはちょうど良い問題でしたが、常連さんには歯ごたえ不足だったのでは?」

片岡賢佑「初めて懸賞に参加しました。これからも楽しみにしています。」

★よろしくお願いします。

松本 繁「3手目、最初は42角成から考える人がほとんどでそうでない人は相当強いと思います。わたしは42角成でした。」

田口 亮「守備側の竜を翻弄するようで爽快でした。」

實川典正「三手目の角成りを、4二で考えてしまったのでなかなか正解に気付けませんでした。」

渡邉 聡「3手目が迷いました。」

吉田清一「3手目、▲5一角成が5手目の▲3一馬を実現するための好手。なかなか面白い!」

青山良秀「馬の押し売りは直ぐ気付きますが、どちらの角か。45とのお陰で53馬の方と分かりますが、51角成は好感触。」

市橋宗士「皆様、新年あけましておめでとうございます、今年もどうぞよろしくお願いいたします。皆さん、どしどし感想書いて、「詰パラ」及び「詰」棋の世界を盛り上げましょう。令和3年の冒頭は、御常連の松田さんの作品、馬捨ての前の角の限定成位置が思案所、2枚馬の交差をずらす手順が正解ではないでしょうか。上部での余詰を「と」金一枚で消す手腕、いつもながら参考になります。解説、作者の「御言葉」、皆さんの感想を、3連休中にじっくり読ませて頂きます(解くだけが楽しみじゃない・・・)」

作者「角の限定移動が狙い」

池田秀三「ぱっと見、15歩、23玉、42角成までは絶対で、あと24か25での合駒選択だなと思ったが、読んでみると全然違った。詰将棋に絶対はありませんね。」

本多「初手はこれしかなさそうなので、馬になる位置だけ考えました。」

占魚亭「角が馬だったら、を実現。」

★初手の逆算が功を奏しました。

門田和雄「ウマい角成・お見事です!、なんで42角成に拘ったんでしょうか。・ら・す・と・de」


【当選者発表】

■お一人様で何通もの解答を送られた場合、もっとも先に届いたもののみ有効とします。また、お名前(ハンドルネーム)は必ず記載してください。記載のなかった場合、メールアドレスの最初の部分(「@」の直前)の一部を掲載させていただきす。お名前、アドレスともに記載のない場合は、短評のみ掲載し、正解者リスト掲載や抽選からは除外いたします。悪しからずご了承ください。

詰パラ最新号を5名様に進呈いたします(定期購読者の方は誌代1ヵ月分入帖)。

■解答時にメールアドレスを記載された方には、発送先をお尋ねするメールを送りますので、折り返し必要事項をお知らせください。

当選者はこちらの皆様です!

 当選者……神吉秀典さん、深澤隆行さん、本多さん、renbajinharuhiさん、鈴木康弘さん

■おめでとうございます(^-^)


【正解者(変則五十音順、敬称略)】

【英字】 Colin■ds竹■GEDZI■kabo■kentara7■marsall■papaci■renbajinharuhi■
RINTARO■shimacharo■S.Kimura■twd■
【記号・数字】
【ひらがな】 あいうえお■あなすい■うーまん■さんちゃご■そらお■のざわゆきお■ひいくん■ひろてん■ふーあんこにゅ■ぶーのん■ゆるた■りらっくす■
【カタカナ】 アニメおたく■カーズィ■キリギリス■ダウドナ■タカシ■トマト使いめりるりら■バビル3世■ポチ■マル■

【あ】

青江邦正■青山直弘■青山良秀■浅沼英樹■渥美雅之■有田和洋■池田 明■池田秀三■石原 守■市橋宗士■市原 誠■伊藤 淳■伊藤孝志■井上浩一■井上泰夫■伊原恒裕■今井一之■岩田章利■宇貞光明■江口雅春■大井芳行■大塚憲次■大野芳樹■大森常一■岡山 忍■小川晃生■小野寺隆■
【か】 加賀信也■片岡賢佑■片岡正人■片平冨二夫■片山 知■門田和雄■上谷昌昭■亀井慎太郎■川崎宗男■川端 潤■川浜次夫■神吉秀典■岸本昌大■北畑和美■北町奉行■木村真二■木村 正■久保貴史■黒木雅明■黒柳淳之■桑原英明■小池邦彦■小林常保■小林 衛■小山雄三■近藤寛己■今野盛基■
【さ】 坂野孔一■坂野 均■坂本栄治郎■佐々木昭則■佐々木一範■白石直人■杉山正一■鈴木康弘■占魚亭■荘山■空蛙■
【た】 高西慶次郎■野甚蔵■高橋隆樹■高橋昌之■滝沢 創■田口 亮■竹田孝二■田上 誠■治山治水■友沢友春■
【な】 内藤英一郎■中野 実■中村丈志■中山正夫■西村 章■野村孝二■
【は】 伯井清行■長谷川和久■花田幸弘■浜野乙三■早田弘之■原岡和生■原賀立太郎■原田雄二■深澤隆行■福島 宏■藤崎博也■堀口一雄■堀口真志■本多■
【ま】 松岡利忠■松下拓矢■松本 繁■三浦健一■三浦高義■實川典正■南里憲司■三森 満■宮川忠久■三宅周治■宮下輝一■宮田敦史■村越孝一■村山 司■目堅浩久■木火■森田 正■
【や】 安井 進■安井 豊■山岸 格■矢馬先龍氏■山田毅久■山田 正■山本紀明■吉田真一■吉田清一■吉野松樹■依田邦久■
【ら】 瑠璃星■
【わ】 渡邉 聡■

【2020年度全題正解者】(72名)お疲れさまでした!
GEDZI■kabo■marsall■renbajinharuhi■RINTARO■shimacharo■S.Kimura■
うーまん■ひいくん■ひろてん■ふーあんこにゅ■りらっくす■
アニメおたく■キリギリス■タカシ■トマト使いめりるりら■ポチ■
青江邦正■池田 明■石原 守■市原 誠■井上泰夫■伊原恒裕■大井芳行■大野芳樹■岡山 忍■小野寺隆■
片岡正人■上谷昌昭■川端 潤■川浜次夫■岸本昌大■木村 正■黒木雅明■黒柳淳之■桑原英明■小林常保■小山雄三■近藤寛己■今野盛基■
坂野孔一■佐々木昭則■白石直人■占魚亭■空蛙■
野甚蔵■田口 亮■治山治水■
内藤英一郎■中野 実■西村 章■
浜野乙三■原岡和生■原賀立太郎■原田雄二■福島 宏■藤崎博也■
松本 繁■南里憲司■三森 満■三宅周治■目堅浩久■森田 正■
安井 進■安井 豊■山岸 格■山田毅久■山田 正■山本紀明■吉田真一■吉野松樹■
瑠璃星■

このページのトップへ