> サイト一覧 > 詰将棋を解く / 先月の懸賞詰将棋
 

玉方/13玉、24金、35歩、42歩/攻方/11角、32銀、41飛/持駒/飛角/

【作者】北原幹久

【正解】12飛、同玉、34角、13玉、22角成、同玉、31飛成、33玉、43銀成迄9手。

【解答数】155名→誤解5名

★14玉は許せないので、初手は12飛の一手。同玉と取った3手目が考えどころです。21飛成は13玉で元の木阿弥。23角は取ってもらえず、13玉、22角成、同玉、21飛成、33玉以下詰みません。45角で合駒を請求するのは13玉とかわされ、22角成、同玉、21飛成、33玉で失敗です。正解は金の腹に34角!

★3手目34角に対し、同金は21飛成で簡単。23歩合も同角成、同金、21飛成以下。よって13玉とかわし、22角成、同玉で、一見すると3手目45角と似た形を迎えます。しかし、角の位置の違いがポイント。45角の時は7手目21飛成以外に有力な手はありませんでしたが、34角の時は31飛成という選択肢が増えています。8手目33玉に43銀成の両王手が痛快な一手でした。

★7手目21飛成の誤解が若干ありました。33玉を見落としたものと思われます。

★シンプルで考えやすい初形。詰上りで狙いの分かる3手目34角を中心に、好感の持てる仕上がりでした。


◆「トップページ懸賞詰将棋」現在の在庫0作(2024年6月以降未定)です。皆様のご投稿をお待ちしております。

◆作品投稿はこちらから→【投稿フォーム】

(連絡可能な電子メールアドレスが記載されている作品には、必ずこちらから採否をお伝えする返信メールをお送りしています。投稿から1ヶ月以上経過しても返信がない場合、電子メールアドレスの入力ミスや管理人怠慢の恐れがあります。管理人宛のメールにてご連絡ください。)


トマト使いめりるりら「逃走路を考えての角の限定打!」

今野盛基「上部脱出を防ぐ必然手の連続であっさり詰みました。」

坂本栄治郎「3四角打ちの限定が、良い」

NORI_560「カッコいい詰み上がり図のほうで解答しました(笑)」

★攻方の駒が1手で連結します。

松田悠吾「ギリギリのところで捕まえる。」

坂口修治「飛車角を軽快に捨ててから両王手で決める爽快な作品ですね。」

南里憲司「3手目の▲3四角が妙手。玉を上部に逃がさない」

kentara7「最終形は竜銀から両王手の定番の形ですが、級位者の頃はこの形がなかなか思い浮かばなかったことを思い出してなつかしい気持ちになりました。」

★憶えておいて損のない詰上り。

高橋昌之「初形攻め駒がすべて動いたのが良い。さすがに33玉での収束でしょうか。」

久保貴史「大駒を小駒のように使う中、唯一離れたところから光を放つ34角」

伯井清行「上に逃がさないため「1ニ飛」はこれしか無いので分かり易くその後6手目「同玉」まで必然手が続くが、次の「3一飛成」を見付けるのに少し手間取った。」

西村 章「これは瞬殺。7手目21飛成として33玉と逃げられアレッ、31飛成でした。両王手の詰上がりは何度見ても気持ち良いものですね。」

吉田真一「最終2手は迷いましたが、まとまって見える両王手の方を選びました。」

白石直人「3五歩は1六飛からの余詰防止のためか。やや重さを感じる配置。」

★初手23飛、同金、35角以下の余詰防ぎ。大駒の威力恐るべし……。

砂川順一「手筋手筋と攻めいく。詰将棋に慣れた人なら31飛成は必然だが、この詰め上がりは気持ちいいですよねえ。8手目の変化に対応した3手目限定打の意味付けもうまい。」

山田毅久「気持ちよい軽快作。」

石原 守「3一飛成 に気がつけなくて考え込みました。1三に逃げるのかとも思ったのですが4四への逃げと角取りを狙った答にしてみました。」

眞壁朝春「ひょこっと一つだけ飛車が寄って成るのが、ユニーク。」

小林常保「3手目「3四角」の限定打がよい。令和6年4月1日(月)午後8時09分に解答着手→8時18分に解く(所要時間9分)→即日午後8時46分に解答送信」

ダウドナ「これは楽勝。ラーメンが着丼するまでに解答送信できた。」

空蛙「詰め上がり、攻め方の駒の連携がよい感じです。」

森田 正「やはり8手目は33に逃げて、きれいな両王手で締めですね。」

大野芳樹「最後の詰は、どうするか迷いましたが、やはり「必殺の両王手」にしました。詰将棋は、初手がわかりやすいと早く解ける場合が多いですね!」

★序の2手はほぼ必然の9手詰、ということは実質7手詰ですね。

あなすい「すんなり解けた感があります。」

熊谷直樹「3四角が大活躍」

岡田隆司「洒落た詰上がり。7手目、手拍子で21に成りそうな処を31飛成が渋い一手。」

坂野孔一「両王手の詰上り。」

亀井慎太郎「31飛車成るが理解できるまでに時間が掛かりました。迷った手筋も勉強になる善き問題でした。」

倉田 康「060402 ヒントを見ました。最終手の銀成が秀逸です。論で負けても実で勝てを実践できるのが詰将棋の醍醐味かと思います。解けたら負が払拭され心にビタミンが蓄積する。皆さんもそうではないでしょうか。」

堀口一雄「詰上がりで分かる34角の限定打、気持ち良いですね。(8手目、13玉などという人はいないですよね?)」

★8手目13玉は11龍まで。これはこれで悪くない詰上り。

三宅周治「12飛、34角、22角は迫力満点の手の連続でした。」

友沢友春「3手目は4手目の対応や最終手から、限定のようです。」

青江邦正「3一飛成が巧い。」

福島博司「今期もよろすく」

内藤英一郎「この3四角は3月の問題に似ていて絶妙だと思います。」

治山治水「今回は大サービス問題のようでした。8手目の1三玉としても詰みますが、詰め将棋の問題らしく、3三玉と逃げるのが筋?4三銀成りで終局。」

井上泰夫「初手は、なんとなく、ひらめきから連想出来ましたが、3手目の打つ場所がラストで詰ませる上手い場所として、ぴったしの詰みにしたのが良い評価をしました。」

アニメおたく「角打ちが限定打になっているのがいいですね 変同は気になりません。」

黒柳淳之「3手目の3四角が急所の手。1一角が邪魔駒で消去してからの3一飛成・4三銀成の両王手が素晴らしいです。ありがとうございました。」

★たしかに11角は邪魔駒ですね。ちなみに初形から11角を削ると、初手11飛打以下の余詰あり。飛捨てを限定しつつ角捨てを追加するうまい配置。

佐々木一範「3四角が逃げ道を塞ぐポイントですね。パッと気付けてよかったです。」

杉田 透「3手目の限定打&7手目31に飛車が成り、最後の両王手が作者の狙いでしょうか。少ない駒数で実現していることも素晴らしいです。」

大井芳行「7手目の3一飛成の限定移動がよい。2一飛成は4三玉とされて詰みません。」

三森 満「きれいな手順です。」

カーズィ「今回は手数が短いおかげか、すぐに見えました。いつもこうならいいのですが。」

renbajinharuhi「14に脱出されたら終わりなので、初手は12飛限定。同玉の一手に34角が急所。同金や23合駒は21飛成〜23竜なので13玉の一手。34の角が残せたので後は簡単と思いや7手目に最後の落とし穴。21飛成だと33玉で真っ青。8手目は33玉派と13玉派のどちらが多いのでしょうかね。作者の意図はどちらなのでしょう。」

★作意は両王手でした。

稲月健一「最後ピッタリで詰めてにっこり。」

茅野貴裕「最終形から逆算して3手目の3四角の限定打を導くことができた。」

渡辺 良「角打ちから開き王手の流れがきれい。」

kabo「上部脱出を防ぐ手段が限定的なので考えをまとめやすかったのですが、詰め上がりは意外な形だったので、印象深い詰将棋となりました。」

池田 明「5手目「2二角不成」としたり 8手目「1三玉」として以下1一龍としたへそ曲がりは何名いました? つまり 初手より 1二飛 同玉 3四角 1三玉 2二角不成 同玉 3一飛成 1三玉 1一龍まで9手詰と解答した方は何名いましたか?ひょっとして私だけですか?。どちらも正解ですネ?5手目を「2二角成(または不成)」と 2つの解答した方もいましたか?」

渥美雅之「34角が肝要な手です。33王に対し43銀成がぴったり決まりました。初形もいいし良い作品と思います。」

土屋 賢「3手目、2三角のループからなかなか抜けられませんでした。」

★角短打も有力です。

GEDZI「▲34角が絶妙でしたね!最終手は指がしなりました(^_^)」

山椒魚「軽くジャブを打つように飛車を短く動かす。」

武内洋介「大駒4枚の攻めは迫力があります」

松尾 剛「詰めあがりは予想通りでしたが、3五歩の意味がわかりませんでした。」

あるる「夢に向かって抜け出したいのに、無理矢理引き戻されて現実から逃がれられない玉に、一抹の同情を禁じ得ない笑。▲1一角△1三玉の前奏が入れば、かなり印象が変わりそう。」

★実現できそうですが、かなり枚数が増える?

近藤寛己「正にずばりのヒントでした。」

shimacharo「34角は形で自然と打ちたくなりました。」

木村 正「令和5年7月から令和6年3月(前月)まで9ヶ月連続の清涼詰の出題でしたが今月は違いました。清涼詰とは詰上がり図で詰方の駒が最小の2枚と云う意味です→今月の詰上がり図の詰方の駒は@龍A成銀B角の3枚でした。」

荘山「12飛〜34角はまずやってみたい手ですね。43銀成の収束もいいですね。9手詰でコンパクトにまとまっています。」

marsall「きれいな手順、詰み形だが、意外と手が狭かったのですぐ解けた。」

岩田章利「3手目角を好位置に設置し、飛車成の場所で決まり。」

松岡利忠「31飛車成りと43銀成りが良い組み合わせ。」

井上浩一「3手目の角打ち、7手目の飛成りの位置がポイントでした。際どい詰め上がりが印象的です。」

原田雄二「3手目34角が好手。」

森谷千代夫「上部に逃げられたらOUTなので1二飛は必須。盤面を見つめること数分、作者の意図が見えました。気持ちのいい詰手順です。」

山田 正「玉方「3五歩」の配置の意味を教えてください。余詰防止なら その手順を教えてください。玉方「4二歩」の配置は最終手で4三角成を防ぐ為ですが「3五歩」の配置の意味がわかりません。」

RINTARO「要の34角を設置して、両王手の詰め上がり迄きっちりできています。」

宮川忠久「最終手で歩頭に銀を成るというのが何ともオシャレ。」

★念のため再確認しましたが、最終手「43銀」と「成」を忘れた解答はありませんでした。

伊原恒裕「34角で、あら不思議、22角成が成立。収束は、例の巧妙な筋だが、旨くまとめるものですね。」

ながつな「途中下車のような31飛車成りから、最後の両王手の手順が気持ちよかったです」

片岡正人「3三に行かれると詰まないような気がして時間がかかりました。良問だと思います。」

原賀立太郎「初手「1六飛」も考えましたが 1五歩合とされて どうしても詰みませんでした。でも これで詰めば傑作でした。」

中山正夫「3手目の34角打ち」

黒木雅明「初手がもう少し悩ましい手であれば、3手目がより難しく感じるのでは。」

★攻方の強力さがネックですね。

大沼眞人「収束が両王手でスッキリ」

中野 実「4手目に3四同金とすれば2一飛成 1三玉 2三龍までの7手早詰み。また4手目に2三合打としても2一飛成 1三玉 2三角成 同金 同龍までの9手詰で作意と同手数詰だが駒が余る。これらの変化も単純だが面白いですネ!」

堀口真志「7手目3一飛成がちょっとした盲点ですね。普通は2一に成りたくなるところ。」

笹尾 健「どうやっても詰みそうなのになあ。」

依田邦久「34角の筋がすぐに浮かび、割と速く解決しました。迷ったのは飛車の成り場所くらい。サービス問題でしたかね。」

小林 衛「初形は成駒がありませんが詰上がりは4三銀成の成限定の両王手で締めくくりました。」

北町奉行「珍しく早く解けたのですが、あまり紛れがないので本当に正解なのか気になります…。」

★自信を持ってください!(^-^)

市原 誠「意外な詰め上がり図でした…!」

浅沼英樹「先月は外してしまった。」

山路大輔「詰め上がりは予想がつくが、そのための角限定打が上手い。」

林 茂広「ここしかない!という角打ち。最後の両王手も気持ちいい。」

川浜次夫「一番の問題は3五歩の意味でした。」

實川典正「3手目の3四角がなかなか発見できず、2三角をずっと考えていました。3三玉で一見逃げられそうですが、4三に銀が成ってピッタリ捕まっているのには感動です。」

小林理恵「今月は桂と香が登場しませんでした(合駒としても登場しませんでした)。」

田嶋一平「最後の4三銀成の両王手で詰むところがとても綺麗で良問だと感じました。」

浜野乙三「初手は必然。34角、31飛成、43銀成両王手詰上がりが気持ち良い。」

高田 望「比較的あっさり解けました。34角が良い手ですね。」

上谷昌昭「7手目手拍子で2一飛成としないように。」

米村 薫「大駒を2枚捨てる解いて気持ちいい詰将棋」

大塚匡記「飛車、角の力を存分に発揮した作品と感じました。」

★大駒の扱いを学ぶ練習問題に最適?

坂野 均「8手目は33玉と逃げてもらいたい。」

小川晃生「私の苦手な大駒問題・・・(´・ω・`) 7手目21飛成で解答出しかけました。危ない( ゚Д゚)」

小野寺隆「1一角が邪魔ですが、かといって成り捨てると3筋に逃げ道ができる…となれば初手は確定。取るいちで次、2一飛成だと1筋からさよならだから…3四角が見つかって解決しました。」

川端 潤「これは知らないとびっくりの詰め上がり。」

本多「頭の中だけでは3一飛成に気付かず、問題図を見ながらで気付きました。」

市橋宗士「何と自然な簡素な配置、思わず解いてみようという気にさせてくれる美しい図、だが手順には、限定打と、ちょっとした陥穽が仕掛けられていた、作者北原さんの毎月の解答感想は(上級者の)読みや考え方を披露されているのでとても参考になります(勿論他の上級者の方のも)、今回は作者として、その「御言葉」を拝聴したいと思います・・・」

作者「配置図は、攻防、持駒ともにバランスは取れていてまあまあの図。(中略)3四角に対しては合駒が利かないので1三玉だが、お決まりの2二角成から3一飛成が決め手、間違っても2一飛成ではない。3三玉と躱すが、最終手に4三銀成の両王手があった。これも3四角と限定打で打った効果だ。まずまずの作品と思うが如何であろうか。」

島岡俊弥「最後の銀成での詰みが面白いですね。」

himatsume「34角がぴったりでした。」

木火「いつ見ても▲4三銀成の形で詰みなのが不思議だなと思ってしまいます。」

★作家としてもつい手がけたくなる形です。

貴棋「大駒4枚使用の詰将棋創作は余詰との戦いだが、絶妙な配置で駒数を抑えているのが素晴らしい。」

源川さとし「34角がなかなか見えませんでした。」

米村玲二「3四の限定打が主眼。詰め上がりがギリギリ浮いていないのがキレイ。」

荻原和彦「珍しく桂香が全く登場しない本作に何となく新鮮味を感じる。3手目▲34角は25へ利かす限定打で味良い。7手目▲31飛成は両王手を用意した好手。応手は2通りあるが13に逃げる解答はせいぜい1割くらいか。」

★3手目34角は25と43を睨む一石二鳥の一手でした。

吉野松樹「31飛成と銀の陰に成るのが気づきにくい」

長谷川和久「初手はこの一手。3手目を考えさせられました。」

早田弘之「3手目が確かに重要同金は7手詰8手目13玉は11龍6手目14玉は11飛成此の時34角が25を抑えている本手順は両王手此の時34角に紐がつく」

佐々木昭則「飛車を上から打つか、下から打つか、初手で相当迷いました^^; 一見捨て駒に見える34角が綺麗な詰め上がりを演出し、気持ちいい良作です^^」

さんちゃご「これは見覚えのある詰み形。両王手が気持ち良過ぎ。」

まくる「初手は1二飛か2二角成くらいなのでとっつきやすかったです」

占魚亭「好打34角。」

村井大士「詰め上がりが美しい」

青山良秀「初手は必然だが三手目がいかにも詰将棋。七手目うっかり21飛成としそう。」

空 貴人「攻方の駒がなかなか連結しない不安になる流れから、不利感のある歩頭への銀成で見事に玉を貫く」

松本 繁「3手目、角打ちで23と34のどちらかと思いましたが、最初に23にしたのがちょっと残念。」

田口 亮「何とか間に合いました。」

★今回は5時50分台に3名の解答がありました。時間切れにご注意を(^^;

門田和雄「34角とクサビを打ち、31飛成と狙いを定め、43銀成とうっちゃりを決めて収束詰上がりスッキリ、解後感よし・・・good!!」


【当選者発表】

■お一人様で何通もの解答を送られた場合、もっとも先に届いたもののみ有効とします。また、お名前(ハンドルネーム)は必ず記載してください。記載のなかった場合、メールアドレスの最初の部分(「@」の直前)の一部を掲載させていただきす。お名前、アドレスともに記載のない場合は、短評のみ掲載し、正解者リスト掲載や抽選からは除外いたします。悪しからずご了承ください。

詰パラ最新号を5名様に進呈いたします(定期購読者の方は誌代1ヵ月分入帖)。

■解答時にメールアドレスを記載された方には、発送先をお尋ねするメールを送りますので、折り返し必要事項をお知らせください。

当選者はこちらの皆様です!

 当選者……門田和雄さん、ダウドナさん、片岡正人さん、川石隆志さん、トマト使いめりるりら

■おめでとうございます(^-^)


【正解者(変則五十音順、敬称略)】

【英字】 aosagi■GEDZI■himatsume■kabo■kentara7■ketoru■marsall■NORI_560■
renbajinharuhi■RINTARO■shimacharo■
【記号・数字】
【ひらがな】 あなすい■あるる■さんちゃご■そらお■ながつな■ひいくん■まくる■むらちゃん■わく■
【カタカナ】 アニメおたく■カーズィ■ダウドナ■トマト使いめりるりら■

【あ】

青江邦正■青山良秀■浅沼英樹■渥美雅之■池田 明■石井定男■石原 守■市橋宗士■市原 誠■伊藤孝志■稲月健一■井上浩一■井上貴裕■井上泰夫■伊原恒裕■今井一之■岩田章利■江口雅春■大井芳行■大塚匡記■大沼眞人■大野芳樹■岡田隆司■岡山 忍■小川晃生■荻原和彦■小野寺隆■
【か】 片岡正人■片山 知■門田和雄■上谷昌昭■亀井慎太郎■川石隆志■川端 潤■川浜次夫■貴棋■北町奉行■木村 淳■木村真二■木村 正■経塚二朗■久保貴史■熊谷直樹■倉田 康■黒木雅明■黒柳淳之■桑原英明■小林常保■小林 衛■小林理恵■近藤寛己■今野盛基■
【さ】 坂口修治■坂野孔一■坂野 均■坂本栄治郎■笹尾 健■佐々木昭則■佐々木一範■山椒魚■島岡俊弥■白石直人■杉田 透■鈴木康弘■砂川順一■占魚亭■荘山■空蛙■空 貴人■
【た】 高田 望■高橋昌之■滝沢 創■田口 亮■武内洋介■田嶋一平■治山治水■茅野貴裕■津川貴久■土屋 賢■友沢友春■
【な】 内藤英一郎■中野 実■中山正夫■西村 章■西村勝憲■野村孝二■
【は】 伯井清行■長谷川和久■浜野乙三■林 茂広■早田弘之■原賀立太郎■原田雄二■平尾一土■福島博司■堀口一雄■堀口真志■本多■
【ま】 眞壁朝春■松尾 剛■松岡利忠■松田悠吾■松本 繁■三浦健一■實川典正■源川さとし■南里憲司■三森 満■宮川忠久■三宅周治■村井大士■目堅浩久■木火■森田 正■森谷千代夫■
【や】 安井 進■安井 豊■山路大輔■山田毅久■山田 正■吉田真一■吉野松樹■依田邦久■米村 薫■米村玲二■
【ら】  
【わ】 渡辺 良■

 


このページのトップへ