> サイト一覧 > 詰将棋を解く / 先月の懸賞詰将棋
 

玉方/22玉、31歩、33銀/攻方/32角、42龍、46桂/持駒/桂2/

【作者】谷澤保平

【正解】34桂打、12玉、24桂、同銀、21角成、23玉、12龍、33玉、43馬、同玉、42龍まで11手。

【解答数】145名→誤解9名

★星を見上げる人、といった趣の初形。角を動かすタイミングが問われます。

★いきなり角を動かすと、42銀と龍を取られてしまいます。そこで初手は桂の王手。14桂、34桂、34桂打が考えられます。まず34桂と跳ねるのは、同銀、14角成、32香合で詰みません。次に14桂と34桂打は、かなり手が続きます。いずれにせよ13玉は33龍以下、11玉は31龍以下と容易に詰むので、12玉として粘ります。

★3手目24桂は銀の守備力を弱める捨駒。さらに銀をこの位置に動かすことで、5手目21角成の好手が生まれます。取ると1手詰なので、23玉と逃げる一手。14玉を許さないよう12龍と追い、33玉と逃げます。この局面がポイント。初手14桂なら22地点にしか利いていませんが、34桂打なら22と42地点に利いています。この違いを生かし、9手目43馬が胸のすく決め手。龍と桂が連携した、意外な場所での詰上りを迎えます。

★誤解のほとんどは初手34桂でした。ここは「打」が必須ですのでご注意を。

★印象的な初形からの桂の重ね打ち。右に追ったはずなのに、最後は43で詰む予想外の展開。捨駒も十分で、詰将棋の魅力に溢れた一作でした。


◆「トップページ懸賞詰将棋」現在の在庫1作(11月以降未定)です。皆様のご投稿をお待ちしております。

◆作品投稿はこちらから→【投稿フォーム】

(連絡可能な電子メールアドレスが記載されている作品には、必ずこちから採否をお伝えする返信メールをお送りしています。投稿から1ヶ月以上経過しても返信がない場合、電子メールアドレスの入力ミスや管理人怠慢の恐れがあります。管理人宛のメールにてご連絡ください。)


トマト使いめりるりら「この詰め上がり図がいきなり見えた人は強者。」

★さすがに皆無かと。

タカシ「初手1四桂、または3四桂跳ねも有力であり迷わされた。しかし、どうしても詰まなかった。」

南里憲司「3枚の桂馬が、主役」

今野盛基「最後の3手が爽快。」

★盛り上げてくれます。

marsall「初手14桂かと思ったが、重く34桂打としてみたら最後のカッコいい詰み筋が見えた。」

風みどり「43馬は天空に放り投げる感覚ですね!」

市原 誠「重たい初手が、やりにくかったです!」

白石直人「いかにも重い3四桂打が正解とは。桂の吊るし詰めが本筋かと思ったが変化だった。」

石原 守「詰みの形が余り見ない形で詰んでいるか不安になって近づいたところまで考えたけれど,なかなかたどり着けませんでした。」

神品和男「継ぎ桂の方だったとは意外」

山路大輔「初手の重い桂打ちが盲点。右隅で詰むと思いきや…詰上がりの意外性。」

西村 章「初手34桂打が詰上がりを見据えた好手。同じ様でも14桂では詰まない所が良く出来ていると思いました。」

★利き一つの差。

伊原恒裕「綺麗に収束しますね、好作。」

高橋昌之「初手のつなぎ桂が俗手の好手」

renbajinharuhi「玉が3段目(13)に上がれば33竜、1段目(11)に落ちれ31竜があるので比較的玉が狭い構図。3手目24桂で同銀を強要し、銀の無力化と脱出封じ。」

★2手目の変化はいずれも駒取りなので、見えにくいかも?

井上泰夫「初手は、分かりやすかったですが、その後でどうやって攻めて詰ますかのシナリオは、少し難しかったです。」

坂野孔一「意外な展開。」

twd「これで捕らえてるんですね。詰め上がり図を何度も見返しました。すばらしいの一言です。」

内藤英一郎「最初1四桂や3四桂行で考えてどつぼにはまるところでした。3三銀が邪魔だとはわかりつつも5四角成でしょという変な先入観がありました。でも、すごうま!」

大野芳樹「最後は上に逃げられて詰まないと思いきや、華麗な捌きがあり詰むという、意外性もありながら華やかな作品でした!」

空蛙「桂馬2枚と竜で取り囲んだ詰め上がりに浮遊感があります。」

野甚蔵「構図も構想も「シンプルイズベスト」です。銀が壁になって、1筋への逃走を防いでいます。」

★邪魔な銀を逆用。

松崎一郎「跳ねるか打つか二つに一つ。」

黒柳淳之「初形の図も、詰上がりの図と言い、美しく好きな形ですね。角は捨てると直感的に浮かびました。ありがとうございました。」

堀口一雄「桂による王手の3択(14・34・34打)で考えやすかった。が、この手は一番最後の選択でした。軸になる桂を取らせないつなぎ桂、詰上がりの形、面白いですね。」

吉田真一「玉が狭いようで広く、広いようで狭いように感じました。初手がどちらから桂を打つか跳ねるか…。いずれにしても3手目は2四桂のような気はしました。広そうなところへ玉を追いやって、不思議とこの形で詰んでいるのですね。これで正解でしょうか。」

あいうえお「こんなスカスカな持ち駒で詰むか?、が第一印象。そのうち、2手目は1二玉だろうとまずわかり、次いで初手1四桂から始めたところあと一歩でなかなか詰まず(頭の中でリピートすること数十回)、翌日に3四桂打から始めたところ、ようやく詰み形が想像できました。桂馬のアームと龍のふたで玉を捕まえた、という感じですかね。」

小寺淳人「初手▲34桂打が心理的に重たい感じがあり、発見が難しかったです。」

北畑和美「初手は盲点でした。詰め上がりが見事です。」

山田毅久「力強く打つ初手がポイント。」

佐藤勇大「重く見える▲3四桂打が最後に大活躍。」

★初手が鍵でした。

井上浩一「初手3四桂と軽く跳ねたいが、同銀で詰まない。重く桂を重ね打ちするのが面白い。最後も、2枚の桂と龍だけで詰めるかたちが新奇で、素晴らしい。」

青江邦正「危なげな詰上がり。」

武内洋介「この詰上がりはいつも気分爽快です」

安井 進「大駒や サーカス紛いの 超絶技 」

鈴木康弘「4三馬捨てが千日手打開の決め手」

nobu3「もともと玉は13や11に逃げられない構造になっていることに気づくことが重要」

宮田敦史「初手が俗手だが支えの46桂も最終図で働くので良し。」

森田 正「初手、第一感は14桂で34桂打は意外。重ね打った34桂を活用し、43馬からきれいな収束。」

坂本栄治郎「ヒントの45桂は、4六桂の誤りでは、ないでしょうか?」

★修正するまでにヒントをご覧になった方は「?」だったかも。申し訳ありません。

kentara7「実戦的な初手から最後は詰将棋らしい収束でした。」

北原幹久「好形図である。4六桂の存在が際立っているし、やはりこの桂が好位置である。詰将棋の美学のようなすがすがしさも感じる。初手、1四桂かと思ったが、それなら3四桂打として、どうせ獲ってくれないので両筋に利いた方がベターだと思い直した。1二玉に対する2四桂〜2一角成〜1二龍はかなり必然、しかし、最終決め手の4三馬はやはりカタルシスである。つまり、3四桂打として4二に利かせておかなくては詰まぬのだ。酷暑の最中の涼風のごとき作品。」

小野寺隆「1一や1三に行かれたらどうしよう、と思ったら4二にあるのは飛車でなく竜であることにしばらくして気づくという…。」

黒木雅明「最後に馬を捨てて、あまりにもきれいな詰上がりで、前例があってもおかしくない?」

★詰上りの前例はたくさんありますが、この初形から導かれるのは驚きです。

原田雄二「初手34桂打が難しかった。」

村井大士「「お、ここで詰むんだ!」詰上がりが意外性があり、面白かったです。」

小林常保「初手で「1四角成」や「4三角成」と考えたため正解を発見するのに丸3日も要しました。令和4年8月4日(木)午後9時00分に解答に着手→午後9時17分に解く→即日の午後10時59分に解答送信」

S.Kimura「43馬に気づくまで時間がかかりました.」

MOPEACEON「結局のところ全部読まされ、初手桂打にニヤッとさせられる。センスある作者。」

高田 望「ヒントの45桂、46桂ですね。詰み上がりの感触が良いです。」

片岡正人「銀が動いて蓋になっているのが面白いですね。積み上がり図もなかなか最初に予想できない形で、良問と思います。」

原岡和生「9手目43馬が見つかって、ふっと涼しさを感じました。きれいな詰上がり、ありがとうございます。」

川浜次夫「前回は「作者の一言」有り難うございました。今回もお願いします。」

作者「最初は玉方13銀の配置でしたが、少しでも変化が多そうなので33銀の配置にしました。習いある手筋を簡素な形で表現しただけです。」

★13銀も捨て難いですね。ただ、初形の美しさは出題図が勝るので、33銀に軍配が上がりそうです。

りらっくす「清涼感のある詰上がり。」

大井芳行「初手「3四桂打」に対して「同銀」とできないのがよい」

松岡利忠「最初は、桂馬が飛ぶのかと思った、最後、詰まないと思ったら、詰んでいた。」

川崎宗男「最後に龍が元の位置にもどって詰まし上げるのが面白いです。」

池田 明「玉方の「3一歩」だけが最後まで動きませんでした。詰上がり図を拝見して各要所ごとに龍と桂2枚のコンビが見事に効いてますネ!」

ふーあんこにゅ「なぜか最後の4三馬が見えず苦戦。初手は生理的に打ちにくい、つなぎ桂が正解なんですね。」

上谷昌昭「初手は跳ねるか打つかで迷いましたが、繋ぎ桂が正解でした。」

アニメおたく「入り方が難しかったです。5手目角不成と書こうかと思いましたがそういうことして昔怒られたのでやめました」

★詰んでいれば問題ありませんが、アマノジャクかも(^^;

RINTARO「龍のスイッチバック。」

眞壁朝春「1二龍の瞬間、「ああ、作りたかった詰め上がりの形だ」と心の中で叫びました。」

kabo「簡素な初型と美しい手順に魅せられました。王に迫る手が現実的には限定されているものの、上部脱出の不利感がつきまとい、手広い印象を与えている点も良かったです。」

山椒魚「初手、打をつけるのを忘れずに。」

三森 満「4三馬がなぜかなかなか見えませんでした。」

亀井慎太郎「34桂馬打つ→13玉の時の詰まし方が見えるまでに時間を取られました。これが見えなかったために、初手は、14角成りと思い込んでいました。勉強になりました。作者さんの労力に頭が下がります。」

岡田浩明「てっきり角で玉の上部脱出を防ぐと思ったので、解くのに時間がかかりました。」

★どこかで14角成……と思い込むと苦労します。

佐々木一範「4六桂が5四への逃げ道を塞いでいるとは。」

木村 正「5手目で「2一角不成」とし9手目で「4三角成」としても正解ですか?」

山田 正「「三桂あって詰まぬことなし」の格言でした」

林 茂広「空き王手の筋に見えるが違った。詰め上りがぴったり。」

原賀立太郎「詰方「4二龍」が詰上がりで元の位置に戻るのが面白い。」

川石隆志「8手目、33玉で一見、玉が大海に逃げ出しそうに見えるが、例の収束で気持ちいい詰め上がり。」

浅沼英樹「4六桂が役に立ちました。」

中野 実「2手目で「1三玉」と逃げれば「3三龍以下の早詰み」ですが この平凡な「3三龍」の発見に苦労しました。」

堀口真志「龍と桂だけの詰上がりが見事」

小林 衛「初手「3四桂打」としないで「3四桂跳」と跳ねると詰まないのが詰将棋らしい。」

小川晃生「2か月連続の大駒問題ですか(*.*)コンパクトな初形から大駒がダイナミックに動き回るのが爽快ですね(^-^)」

shimacharo「34桂打は第一感でした。」

坂野 均「面白い初形で手順もいい。2段目に逃げるのが最善とは意外。」

★龍の利きに居残って踏ん張ります。

小林理恵「初手で「1四角成」 としても3二銀合で どうしても詰みませんでした。また初手「4三角成」としても3二香合 以下3三馬と銀を取っても1三玉と逃げられて どうしても詰まないのがよい」

川端 潤「気持のよい夏向きの詰上り。」

渥美雅之「一見上に脱出されそうだが。46桂がよく効いています。面白いです。」

ダウドナ「難しかった。初手は34桂跳ね一択だと決めつけて苦戦。月の中旬まで解けなかったのは久しぶりです。」

本多「打つかはねるかなど、桂をどう使うか考えました。」

荘山「初手に桂を14から打つのか、34からかなのか読み切るのに結構時間がかかりました。解答ページに問題図があれば楽なのですが。お願い致します。」

hiro「まずは34桂と跳ね、次に14桂と打って一歩届かず。7手目12龍が見えてようやく確信が持てました。(追記)30数年ぶりに拝見する作者ではないでしょうか。本格復帰を心待ちにしています。」

★作者は1970年代から80年代にかけて活躍。本作を初め、詰パラ本誌にも続々と投稿が届いています。お楽しみに!

ohana*「なぜか初見の時は4三馬を発見できず焦りました(笑)」

北町奉行「34桂打に13玉でなかなか詰まないと思ったら33龍で簡単だったり、11玉だと31龍から21龍と地道にもぐる手順がすぐに浮かばず、結局10分以上考えてしまいました。」

★駒取りが見えにくいのは仕方ないのです……。

宇貞光明「初手34桂打がポイント。銀で取ると早いので、12玉と逃げる。24桂と銀で取らせて24を塞いでから、21角成と両王手。後はよくある手筋で詰上がる。」

早田弘之「初手は繋桂から 9手目で46桂が詰みに役立つのが分かる」

ひろてん「最初は初手1四桂から考えましたが不詰めの局面を見て初手にたどりつきました。初手の3四桂に打を書き忘れる誤答が出るのではないかと余計な事を考えてしまいます。」

★採点は甘くしていますが、この「打」は忘れてはいけません。

荻原和彦「自力脱出は困難な玉だが、角が動いた瞬間に逃走路が生じる。まず24を塞いだのち▲21角成が周到な手順。千日手含みの粘りを断つ▲43馬が最後の決め手となり、きれいに詰む。初形すっきり、収束ぴったりの好短編。難易度もちょうど良い感じ。」

佐々木昭則「初手14桂か34桂かの2択に囚われてしまい、紛糾しました^^; 34桂にヒモをつけておくのがみそなのですね。桂と龍による芸術的な詰め上がり。美しいです^^」

池田悠樹「桂2枚と龍による包囲の詰め上がり図は面白い形ですね!」

うーまん「初手の発見が意外と難しかった。」

長谷川和久「後半、連続して大駒が動き力強かった。」

★馬を捨てて引き締まりました。

宮川忠久「最後の詰め上がりの形が気付きにくく、苦労しました。」

坂山 徹「これで多分あってると思います。今月、このサイトを見るの忘れてました。危ない。危ない。」

杉山正一「初手の3四桂打ちはやってみたい手ですね。これが後に利いてきます。」

GEDZI「7月分は正解ならずで悔しい思いをしました。初手が桂打ちでなければならない意味が最後に分かるのが素晴らしいです(^^)」

原岡 望「初手打ちにくい。例の詰め上がりとは意外」

田口 亮「Try everyday!のNo.8280が難しかったです。」

★ご感想に感謝。付け足しの2手が功を奏した!?

吉野松樹「2枚の桂と竜のコンビネーションの詰上がりに意外性がある。」

岸本昌大「重い初手。」

占魚亭「バッテリーを開く前にひと細工。スイッチバックで締める構成が上手い。」

岡山 忍「面白い形の初形、詰上がりも面白い。最近Try everyday!梃子摺ってます。8/27は30分超。8月は忙しかった。高千穂でボートに乗れて良かった。」

★上記のNo.8280ですね。

青山良秀「余り難しい手はありませんが詰上がりがユニーク、空中遊泳のようですね。」

妻木貴雄「「跳」でなく「打」なら拠点として残ることに気づき,しばらくして「お〜あの詰上がりか」と気づく。おなつかしい名前に思わず解答。本格復帰を期待。」

はむきち「後半で大駒を振り回す感じが良かったです。」

友沢友春「広い方に追うのですね。」

★初形では全然広くない方なのが面白いところ。

さんちゃご「この詰め上がりは見えなかった。」

ds竹「鮟鱇の吊るし切り」

★詰上りのイメージ?

池田秀三「玉の前方が大きく開いているようだが、13玉には33龍があるので、存外狭い。初手は桂を打つしかないが、14桂だと22にしかきかないので、52にもきき、紐もついている34に打つ。あとはこれしかないという手順だが、詰め上がりは見事。詰め上がりからの逆算であろう。」

市橋宗士「7月の結果に驚く、易しそうな初形に誘われてすらすら解ける時は特に要注意だと常々自戒しているが、作者は別に「嵌め」ようという気はなかったはず、だが解答の際は細心の注意を要する、今月も初手で、「3四桂」で記し始めて危うく誤答するところだったのは恥ずかしいかぎりで、当然「打」を付さないとダメだし、6手目も同玉、2二竜まで、と思ったら7手で詰んでいるから駄目だ、銀が移動しているから2三から3三に逃げれるじゃん、変化に「一間」竜の形も出現し、最後まで気が抜けない・・・」

浜野乙三「2杯目までは遠慮したが3杯目はやむなくいただいたらすかさずオワ。三桂あって詰まぬことなし、も当たることがある。」

門田和雄「そうか、こしがや・・・おっと・・そうかこの玉は13へは立入禁止になっとるなあ、ならば34桂打でどうじゃな、ふむふむ・・続く24桂が面白い収束形への準備」


【当選者発表】

■お一人様で何通もの解答を送られた場合、もっとも先に届いたもののみ有効とします。また、お名前(ハンドルネーム)は必ず記載してください。記載のなかった場合、メールアドレスの最初の部分(「@」の直前)の一部を掲載させていただきす。お名前、アドレスともに記載のない場合は、短評のみ掲載し、正解者リスト掲載や抽選からは除外いたします。悪しからずご了承ください。

詰パラ最新号を5名様に進呈いたします(定期購読者の方は誌代1ヵ月分入帖)。

■解答時にメールアドレスを記載された方には、発送先をお尋ねするメールを送りますので、折り返し必要事項をお知らせください。

当選者はこちらの皆様です!

 当選者……小川晃生さん、りらっくすさん、堀口真志さん、坂本栄治郎さん、片岡正人さん

■おめでとうございます(^-^)


【正解者(変則五十音順、敬称略)】

【英字】 aosagi■ds竹■GEDZI■hiro■Jim Tan■kabo■kentara7■marsall■MOPEACEON■
nobu3■ohana*■renbajinharuhi■RINTARO■shimacharo■S.Kimura■twd■
【記号・数字】
【ひらがな】 あいうえお■うーまん■さんちゃご■そらお■はむきち■ひいくん■ひろてん■ふーあんこにゅ■むらちゃん■りらっくす■
【カタカナ】 アニメおたく■ダウドナ■タカシ■トマト使いめりるりら■

【あ】

青江邦正■青山良秀■浅沼英樹■渥美雅之■池田 明■池田秀三■池田悠樹■石原 守■市橋宗士■市原 誠■井上浩一■井上泰夫■伊原恒裕■宇貞光明■江口雅春■大井芳行■大塚匡記■大野芳樹■岡田浩明■岡山 忍■小川晃生■荻原和彦■小野寺隆■
【か】 風みどり■片岡正人■片平冨二夫■門田和雄■上谷昌昭■亀井慎太郎■川石隆志■川崎宗男■川端 潤■川浜次夫■岸本昌大■北畑和美■北原幹久■北町奉行■木村真二■木村 正■黒木雅明■黒柳淳之■桑原英明■神品和男■小寺淳人■小林常保■小林 衛■小林理恵■今野盛基■
【さ】 坂野孔一■坂野 均■坂本栄治郎■坂山 徹■佐々木昭則■佐々木一範■佐藤勇大■山椒魚■白石直人■杉山正一■鈴木康弘■占魚亭■荘山■空蛙■
【た】 高田 望■野甚蔵■高橋昌之■滝沢 創■田口 亮■武内洋介■千葉友太■妻木貴雄■友沢友春■
【な】 内藤英一郎■中野 実■西村 章■野村孝二■
【は】 長谷川和久■浜野乙三■林 茂広■早田弘之■原岡和生■原岡 望■原賀立太郎■原田雄二■堀口一雄■堀口真志■本多■
【ま】 眞壁朝春■松岡利忠■松崎一郎■松澤 智■南里憲司■三森 満■宮川忠久■宮田敦史■村井大士■目堅浩久■森田 正■
【や】 安井 進■柳沢孝志■山路大輔■山城正樹■山田毅久■山田 正■吉田真一■吉野松樹■米山 敦■
【ら】
【わ】  


このページのトップへ