> サイト一覧 > 詰将棋を解く / 先月の懸賞詰将棋
 

玉方/11香、12玉、22銀、31香、32桂、34歩/攻方/14金、35角/持駒/飛角桂/

【作者】北原幹久

【正解】13角成、同銀、21角、同玉、23飛、22銀、33桂、12玉、13金、同銀、21飛成まで11手。

【解答数】149名→全員正解!

★配置を見ると、玉が盤の右上から逃げ出すことはなさそうです。手は限られているので、落ち着いて考えましょう。

★初手23角が有力。取れば13飛で簡単ですが、取らずに21玉がうまい逃げ方です。持駒が飛と桂では手の出しようがありません。初手13飛も同様に21玉で逃れ。初手は持駒を使うのではなく、13角成と捨てるのが正解でした。21玉には22馬と切って簡単に詰みます。

★3手目23角は22玉で逃れ。角頭の玉は攻方にとっての悪形です。よって21角と捨てるしかありません。5手目33桂は12玉で、持駒の飛が使えません。手が切れたように見える局面ですが、ここで23飛が狙い澄ました一手。22に合駒を打つと、33桂、12玉、13金、同合駒、21飛成で詰み。どの合駒でも持駒が余りそうですが、22銀と銀を引き、攻方に持駒を与えないのが玉方に残された唯一の抵抗でした。

★初手の角成捨てから大駒の着手が続き、見た目の印象とは異なる派手な手順。銀の移動合が華を添えます。


◆「トップページ懸賞詰将棋」現在の在庫4作(2023年4月以降未定)です。皆様のご投稿をお待ちしております。

◆作品投稿はこちらから→【投稿フォーム】

(連絡可能な電子メールアドレスが記載されている作品には、必ずこちらから採否をお伝えする返信メールをお送りしています。投稿から1ヶ月以上経過しても返信がない場合、電子メールアドレスの入力ミスや管理人怠慢の恐れがあります。管理人宛のメールにてご連絡ください。)


石原 守「初手持ち駒を打つと攻め方の駒が重複して駒切れになっちゃうので,1手目はわかったのですが2三飛になかなか気がつかず手こずってしまいました。」

★こんなところに隙間が!?という23飛。

塚ア彰仁「通算800号おめでとうございます!」

★ありがとうございます! 詰将棋パラダイス通巻800号についてはこちらをご覧ください。

トマト使いめりるりら「生飛が準一間竜になってることに気づけるかですね。」

西村 章「初手駒を打っても詰みそうにないので13角成としたら、あっという間に詰んでしまったという感じ。よくある収束ですが2枚の角を連続して捨てる序が入って、上々の詰将棋になりました。」

黒柳淳之「最後は飛・桂のコンビネーションがいいですね。」

あいうえお「盤面といい、カナ駒を欠く持ち駒といい、見るからに詰まなそうな感じ(不詰感、とでも言うのでしょうか)があふれており、いやはやまいった。「【ヒント】銀が3回動きます」。今回はヒント様様でした。」

今野盛基「23飛を据えるとゴールが見える。」

南里憲司「守りの銀を翻弄」

★精一杯の抵抗です。

眞壁朝春「軽快な手順で解きやすかったです。」

RINTARO「定番なれど、気持ちいい手順。」

大野芳樹「一見、難問だと思ってしまいましたが、桂の頭に桂ということで、3三桂を決めてにして逆算して考えたら、結構あっさり解けました。五手目の2三飛という、ぼんやり飛車を打つ手がおもしろいですね!」

高橋昌之「玉を含め8種全駒使用。着手は、隅の3×3内のみ。連続角捨てが衝撃のスタート。」

ふーあんこにゅ「三手目2一角が見えず苦労しました・・・。」

アニメおたく「角が「俺を捨ててくれーー」と叫んでいたので割と苦労せず解けました。気持ちのいい詰上がりですね。」

ds竹「“J”」

★玉方から見て、ですね。攻方から見ると「叩」の右?

川石隆志「初手は大駒切り、最後は清涼詰、と痛快な作品。」

村井大士「21角、同玉、23飛が気持ち良かったです。」

内藤英一郎「これはうまい。いきなり角捨ては出来ませんよね。」

★とりあえず持駒を使ってしまいます。

渥美雅之「3手目王を下段に落とし23飛が素晴らしい。33桂からの収束が見事です。」

谷澤保平「狭い場所で着手は限られるが、角捨ても2回入り解後感が良い。」

ぶーのん「どうぞ33桂を打ってくださいという初形。でもいきなり21角〜33桂はうまくいかない。となれば13角捨ては自然と見える。23飛がさりげなく限定打で、お約束の移動合。ネライの桂が打てればあとは金を捌いて飛車がダイブ。軽快なリズムで気持ちよく詰めることができた。」

ダウドナ「久々に初日に解けて気分よし。23飛車の発見がカギですね。」

伊原恒裕「詰み形無いところから、忽然、詰み筋が表れる。21角が心理手になるのかな。好作。」

武内洋介「3手目の角打ちが抜群の感触でした。」

堀口一雄「21角から飛を据える手順、良いですね。駒余りを防ぐ22銀引きも軽くて良い感触です。」

井上泰夫「角を捨てた後に、銀が玉の逃げ道を、飛車が最後に奥まで攻めてから終わっていたのが、素晴らしい!」

空蛙「置き駒が2枚とも1三で消えて、最後は清涼詰。配置とともにすっきりしています。手順の方は、飛車を打ってからは公式ですが、それまでは考えさせられました。どうもありがとうございます。」

★両方13で、しかも同じ銀に取られて消えるのは面白いですね。

田口 亮「初めて初日に解答できました。」

小林常保「2二銀引の移動合は妙手でした。令和4年10月1日(土)21時16分に解答に着手→同日21時36分に解く→即日の21時53分に解答送信」

山椒魚「4手目同玉で手がないと思ってしまい、時間がかかった。」

久保貴史「詰パラ800号おめでとうございます。」

山田毅久「捨て駒が気持ちよい好作。」

野甚蔵「変化・紛れともに煩雑なものはなく、気持ちよく解けました。銀の出たり入ったりをメインテーマに、すっきりまとめた軽快な作品です。桂を先に打ってしまうと詰まないところがよいと思います。」

★桂がいちばん大事な駒。

白石直人「2一に玉が潜られても詰む方向で考えるとこれしか残らなかった。」

浅沼英樹「初手発見に手間取りました。」

renbajinharuhi「21玉と引かれない王手は13角成が一目有力で、以下21角から23飛が王の脱出阻止を可能にする。23飛に合駒が打てないのはつらい(同手順駒余り)玉方32桂の配置から攻め方が33桂を打つ布陣に見えるのは詰将棋に慣れたせいだろうか?」

大井芳行「6手目に2二銀打(または2二金合や2二角合)の打合をすると銀が余って不正解になるのが面白い。」

田中 博「桂は33から打つと決めて、初手は角成か角打ちか飛打ちか悩ましい。21角打ちは有力ながら、いつやるかがまた悩ましい。」

小寺淳人「▲21角から▲23飛が見えて問題解決。爽やかな印象を受けました。」

北畑和美「21角がいい手だなあ。一瞬、手がかりがなくなるので指しづらい手でした。」

岩田章利「(ヒントにあるように)、6手目に銀打とすると駒余りになるので銀の移動合いとすると。」

坂野孔一「21角から23飛は気付きにくい」

三森 満「流れるような手順です」

池田 明「玉方1一香の配置の意味を教えてください。1一歩でもよいと思います」

★実戦を意識されているかと。

宮田敦史「非常に簡単乍ら手筋の捨駒連発で良い。」

林 茂広「意外と初手13角成が行きにくい。」

宮川忠久「自慢ではないですが10秒程度で解けました。」

★波長が合いましたね!

三宅周治「自然な手の連続で素直な作品でした。」

市原 誠「いきなり、角の連続捨ては、不利感が大きかったです!」

S.Kimura「23飛が好手でした.」

佐々木一範「なんとなく3三桂と打つ形かなぁと考えたら、2一角を発見して解決しました。9月よりは悩まず解けてホッと一息。」

青江邦正「連続して角2枚を捨てたのが印象的。」

貴棋「2一角〜2三飛車が見えにくい好手順。」

あなすい「合駒は駒あまりで間違い2ニ銀引」

坂本栄治郎「狭いところで、駒が、綺麗に捌けて気持ち良い」

shimacharo「遠くの角を成り込む初手から始まり、見慣れた手筋が多く、すぐに解けました。23飛だけ少し見えづらかった。」

安井 進「念入れろ 手順前後は 命取り」

吉田真一「ポンポンと駒を打ち捨て詰め上がる いかにも詰将棋という感じです。 合っているのか?」

伯井清行「初手「1三角成 同銀」で、次の「2一角」を見付けるのに難渋したが、その後の手順はスラスラと解けた。…初手から紛れの多い佳作だと唸った。」

井上浩一「2一に角を打ち捨てるのが最初のポイント。2三飛の王手に、合駒はせずに銀を下がるのが第2のポイント。ふたつのポイントを軸にすっきりまとまっており、解いて気持ちがいい。」

木村 正「玉が1二の地点に還元するのが狙いですか?」

治山治水「今回は久々の難問でした。」

堀口真志「初手1三飛と2三角も考えました。どちらも取ってくれれば簡単ですが……」

★すぐに切れますが、これらの誘い手がよい味付けになっています。

marsall「かなり時間がかかってしまった。21角からの23飛が打ちづらかった。」

山路大輔「移動合を絡めた銀のスイッチバックが上手い」

森田 正「ぼんやりと打つ23飛が33桂〜13金をみた妙手。」

松岡利忠「壁の中の王様。」

山田 正「前月(令和4年8月出題)に続いての清涼詰でした(詰上がり図で詰方の駒が最小の2枚だけ) 」

本多「2三飛に気付くのに少しかかりました。」

上谷昌昭「玉を下段に落としてからの「桂頭の桂」で決まりですね。」

近藤寛己「なぜか、23飛が浮かぶのに、時間がかかりました。」

原賀立太郎「玉方「3四歩」の配置の意味を教えてください。余詰防止ですか?まさか飾り駒ではないでしょうネ?(この3四歩がないとどんな余詰手順が発生しますか?) 」

★3手目34角が痛打。

中村丈志「面白い銀の動き」

原田雄二「初手13角成、3手目21角、5手目23飛が難しかった。」

絵井悌二「狭いところを良く動きますね。」

片岡正人「初手も3手目も見えにくく、難問でした。」

片山 知「6手目の表記は「2二銀」が正しいでしょうか。」

★22銀が正式ですね。22銀引も可。22銀打や22銀合は×です。

中野 実「前月(令和4年8月出題)に続いて飛角金銀桂香歩の全駒7種類が登場しました。」

原岡和生「素直でとても詰将棋らしい、と感じました。ありがとうございます。」

藤本郁夫「将棋仲間の北原幹久氏の詰将棋はいつも解答を送っています。彼の創作意欲にはいつも敬服しています。」

ピッコロ「初手1三飛とか2三角、2一角などが見えて結構悩みました。」

川浜次夫「前回は応募者がいつもより20名ばかり減っていました。それだけ難しかった証拠なのでしょうが、そんな難問に正解できたのは、このサイトで鍛えられたおかげです。感謝!」

黒木雅明「23飛が心理的に打ち辛い。ただそれに対する銀の移動合いの意味付けがちょっと、、、。」

★この移動合に抵抗感がある気持ちも分かります。

川崎宗男「このタイミングでの2一角がなかなか見えませんでした。第一感でしたが、初手にはないと捨ててしまったらその後ずっと盲点に入ってしまいました。」

福島博司「角打ちがすばらしい」

松田悠吾「3手目21角が見えるまでは悩んだが、それ以降はすらすら。」

小林 衛「詰上がり図が何かの文字か図形の曲詰なら作品の価値がもっと上がります。」

坂山 徹「この問題も初手が判らないで苦労した。ひたすら1.3飛からの筋を考えてました。2.1角から2.3飛が思い付かず、2.1角から3.3桂で詰まないなぁ〜と思っていた時に閃きが降臨しました。これでゆっくり眠れます。」

kabo「先月も11銀に気づくのに手間取りましたが、今月も21角に気づくのに大いに手間取りました。銀と玉を斜めに往復させながら、還元玉・清涼詰で仕上がる美しい詰将棋でした。」

小林理恵「5手目の「2三飛」の発見に少し手間がかかりました。  駒余り防止の「2二銀引」がよい。なお 単に「2ニ銀」と記載しても正解ですか?「打」や「合」さえ記入しなければ自動的に移動合と判断しますか?」

荻原和彦「3×5の簡素な初形が解図欲をそそる。小回りの利かない持駒だが、下段に落として▲23飛〜▲33桂の筋が見えて不安は氷解。以下、移動合の巧防(本作の主眼手?)も入り、仕上げは清涼詰ですっきり(しかも還元玉)。」

原岡 望「23角が駄目と分かれば容易だが気持ちのよい手順」

亀井慎太郎「21角が観えるか? そして、双方の協力により美しき詰み形を作る。現在は、将棋観戦力を磨くために詰将棋を解いています。」

★詰将棋に強くなると、終盤の面白さはかなり増すと思います。

川端 潤「33桂と打ってくれと配置が呼んでいる。」

高田 望「銀の動きが面白いですね。」

依田邦久「つかみどころの無い作品で苦戦しました。中空をつかむような21角の手がとっさに浮かび、解決しました。心地良い小品でした。」

中山正夫「ヒントを見ても小生には難しい。苦労して解けると喜びが2倍です。」

佐藤勇大「▲1三角成〜▲2一角の組み合わせは、安全な方へ逃がすようでとても指しにくかったです。5手目▲2三飛を発見してようやく詰み形が見えましたが、かなり苦戦しました。」

小川晃生「初手1三角成と1三金は真っ先に捨てたのですが(*.*)」

kentara7「5手目の2三飛が少し見えにくかったですが、後は基本に忠実で綺麗な詰将棋でした。」

りらっくす「初手がなかなか見えず。銀が3回動いていい感じですね。」

長谷川和久「初形からいつか33桂としてみたい。」

★桂頭は狙いたくなります。

うーまん「3手目は少し指しにくいかも。」

早田弘之「これは3手目と5手目の組み合わせが問題 最初33桂を先に打ったら12玉でアウト」

GEDZI「守備銀の奮闘むなしく…の図ですね。サラリーマンとして身につまされる思いです(--;)」

鈴木康弘「角の連続捨て、銀の移動合に金捨てと詰将棋らしい心地良い手順が続く。」

岡田浩明「玉方の玉と銀が右往左往していたら、いつの間にか詰んでいるのが面白い。」

友沢友春「初手が分かりにくく、少し難儀でした。」

北町奉行「5手目に33桂だと12玉とされて駄目だなあと、目を閉じて頭の中で考えてみたら、23飛と直で飛車を打つ手が浮かびました。」

杉山正一「初手を探すのが難儀でした。」

小野寺隆「初手2三角だと取ってくれないんですね。」

ひろてん「銀を取らずに翻弄させる所が短編詰将棋らしい感じがします。」

宇貞光明「3手目21角打から5手目23飛打で決まった。配置から33桂打があるのが分かるので、簡単だった。」

佐々木昭則「初手23角で簡単かと思ったら、案外詰まないのですね^^; 大駒を至近距離で使って、玉を袋小路に追い詰める。味わい深い手順でした^^」

★狭いところでの大駒使いは意外と楽しいもの。

林 和則「6手目、合駒は駒余りの詰となるのですね。」

坂野 均「しょっぱなから2枚の角捨て、銀の移動合とは爽快感抜群。」

吉野松樹「6手目、銀の移動合でなく22銀打とすると同手順で駒余りになるということですね。」

茅野貴裕「初手と3手目で角を2連続で捨てる手が中々見えなかった。」

岸本昌大「よくまとまっている。」

市橋宗士「「二枚角捨てて、飛桂の詰みがあり」なんて川柳が浮かぶ、鮮やかな手順、出発は五手目からの「7手ワンセット」のだと思いますが、繰り返しますが、そのセットの前にこんな鮮やかな手順を創作されるなんて、しかもこの駒数で・・・、」

實川典正「2一角が、なかなか見えなかったです。」

松本 繁「3手目、銀を動かしたので23角と打ちたくなるところ。おかげで21角に気付くのに時間がかかりました。」

青山良秀「21角から33桂は直ぐ目に付くがダイレクトには無理。角捨てが必要でしたね。」

占魚亭「受方銀の翻弄の味が抜群。」

柳沢孝志「形から1三角成ですが、2一角が気づきにくい。」

池田秀三「21角から33桂はすぐ見えるので易しいが、私にはこれぐらいが快適。」

さんちゃご「第一印象に反して難しく悩みました。嵌りました。ヒントを見なければ、きっと解けないままでした。そうかぁ。落ち着いて考えれば、3五角の活用はこれしかない…。」

★35角は、33玉に45桂という展開になれば役立ちそうです。が、飛角だけではその形になりません。

浜野乙三「運よく初手が第一感でしたので順調に進みました。」

岡山 忍「21角は意味がないと思い込んでしまった。思い込みは良くないと何回反省することか。一生、直らない? Try everyday!3連続銀不成、良かったです。」

★ありがとうございます(^-^)

門田和雄「3手目をだいぶ楽死んでしまいました。連続捨て駒の盲点でした、銀の屈伸運動からの収束が気持ち良しです。good ?」


【当選者発表】

■お一人様で何通もの解答を送られた場合、もっとも先に届いたもののみ有効とします。また、お名前(ハンドルネーム)は必ず記載してください。記載のなかった場合、メールアドレスの最初の部分(「@」の直前)の一部を掲載させていただきす。お名前、アドレスともに記載のない場合は、短評のみ掲載し、正解者リスト掲載や抽選からは除外いたします。悪しからずご了承ください。

詰パラ最新号を5名様に進呈いたします(定期購読者の方は誌代1ヵ月分入帖)。

■解答時にメールアドレスを記載された方には、発送先をお尋ねするメールを送りますので、折り返し必要事項をお知らせください。

当選者はこちらの皆様です!

 当選者……片山 知さん、福島博司さん、浅沼英樹さん、絵井悌二さん、市橋宗士さん

■おめでとうございます(^-^)


【正解者(変則五十音順、敬称略)】

【英字】 aosagi■ds竹■GEDZI■Jim Tan■kabo■kentara7■marsall■
renbajinharuhi■RINTARO■shimacharo■S.Kimura■
【記号・数字】
【ひらがな】 あいうえお■あなすい■うーまん■さんちゃご■そらお■ひいくん■ひろてん■ふーあんこにゅ■ぶーのん■むらちゃん■りらっくす■
【カタカナ】 アニメおたく■ダウドナ■トマト使いめりるりら■ピッコロ■

【あ】

青江邦正■青山良秀■浅沼英樹■渥美雅之■池田 明■池田秀三■石原 守■市橋宗士■市原 誠■伊藤孝志■井上浩一■井上泰夫■伊原恒裕■今井一之■岩田章利■宇貞光明■絵井悌二■江口雅春■大井芳行■大野芳樹■岡田浩明■岡山 忍■小川晃生■荻原和彦■小澤宏和■小野寺隆■
【か】 片岡正人■片平冨二夫■片山 知■門田和雄■上谷昌昭■亀井慎太郎■茅野貴裕■川石隆志■川崎宗男■川端 潤■川浜次夫■貴棋■岸本昌大■北畑和美■北町奉行■木村真二■木村 正■久保貴史■黒木雅明■黒柳淳之■桑原英明■神品和男■小寺淳人■小林常保■小林 衛■小林理恵■近藤寛己■今野盛基■
【さ】 坂野孔一■坂野 均■坂本栄治郎■坂山 徹■佐々木昭則■佐々木一範■佐藤勇大■山椒魚■白石直人■杉山正一■鈴木康弘■占魚亭■空蛙■
【た】 高田 望■野甚蔵■高橋昌之■滝沢 創■田口 亮■武内洋介■田中 博■治山治水■塚ア彰仁■友沢友春■
【な】 内藤英一郎■中野 実■中村丈志■中山正夫■西村 章■野村孝二■
【は】 伯井清行■長谷川和久■浜野乙三■林 和則■林 茂広■早田弘之■原岡和生■原岡 望■原賀立太郎■原田雄二■福島博司■藤本郁夫■古本雄士■堀口一雄■堀口真志■本多■
【ま】 眞壁朝春■松岡利忠■松田悠吾■松本 繁■實川典正■南里憲司■三森 満■宮川忠久■三宅周治■宮田敦史■村井大士■目堅浩久■森田 正■
【や】 谷澤保平■安井 進■柳沢孝志■山路大輔■山城正樹■山田毅久■山田 正■吉田真一■吉野松樹■依田邦久■米山 敦■
【ら】
【わ】  


このページのトップへ