> サイト一覧 > 詰将棋を解く / 先月の懸賞詰将棋
 

玉方/11玉、21香、34歩、43龍/攻方/13角、14香、35角/持駒/金/

【作者】宗時 宏

【正解】31角成、12桂合、同香成、同玉、13金、11玉、44角、同龍、23桂、同香、22金まで11手。

【解答数】150名→誤解9名

★13角は開き王手で使うとして、問題は35角。13に利いていると同時に、44角と覗く手も見えます。ともかく、角をうまく使っていきましょう。

★31角成の開き王手をしかけるには、初手12金、同玉と玉を12に誘ってからのほうが効果が大きそうです。しかし、23玉とかわされ、13香成、33玉で手がありません。では、初手44角、同龍としてから31角成はどうでしょうか? これには12歩合とし、同香成、同玉、13金、11玉で打歩詰が待っています。素直に初手31角成が正解ですが、12や13の合駒をしっかり考えなければなりません。

★まず12歩合は、同香成、同玉に13歩がピッタリ。よって前に利きのない桂合が有力です。先に13への合駒を考えておきましょう。13歩合は、12金、同玉、13角上(引)成以下。問題は13金(飛)合ですが、44角が好手。33合や同龍なら13香不成、12歩合、22金以下、22合なら同角成、同香、21金以下。これで2手目12桂合が確定しました。

★この桂は取るしかありませんが、その前に3手目44角を入れておくのはどうでしょうか? 同龍なら狙い通り12香成以下で詰みますが、33飛合と受けられ、12香成、同玉、13金、同飛て失敗です。桂を取って5手目13金としっかり押さえます。7手目23桂は同龍で詰みません。この龍を逸らすため、ついに44角の出番がやってきました。龍に取らせて23桂と捨て、詰みに至ります。なお、44角に33桂合(33に他の合駒は同角成以下、22合は同角成以下、いずれも同手数駒余り)も23桂以下同手順でしか詰まず、こちらを答えても正解となります。惜しまれるキズでした。

★2手目の合駒と44角のタイミング、この二本柱にしっかりと支えられた作品。当コーナー初登場からちょうど10年が経過した作者。今後の作品披露にも期待が集まります。


◆「トップページ懸賞詰将棋」現在の在庫2作です。皆様のご投稿をお待ちしております。

◆作品投稿はこちらから→【投稿フォーム】

(連絡可能な電子メールアドレスが記載されている作品には、必ずこちから採否をお伝えする返信メールをお送りしています。投稿から1ヶ月以上経過しても返信がない場合、電子メールアドレスの入力ミスや管理人怠慢の恐れがあります。管理人宛のメールにてご連絡ください。)


トマト使いめりるりら「さて、八手目△3三桂ってやる人が何人いるか?」

ひいくん「初手4四角では空き王手に歩合で詰まない。誤答するところだった。」

★44角のタイミングは悩ましいところ。

タカシ「2手目、1三金合の変化が手強い。その場合、4四角、3三飛合以下9手で詰む。合駒する箇所が1二、1三、3三の3つあってややこしい。すべて読まないと正解の確信が持てなかった。」

★合駒の特訓。

南里憲司「上部から押さえ込む」

西村 章「2手目13金合かと思ったのですが12桂合でしたか。初手いきなり44角が詰まない所も良く出来ていると思いました。」

高橋昌之「アイが悩ましい」

kentara7「初手のシンプルな角成りが意外でした。合駒問題は桂合いが多い気がします。」

白石直人「応手に悩んだ。2手目1二歩は5手目に1三歩で詰む。2手目1三合は、後ろに効かない駒だと1二金→1三馬ルート、金合は4四角を挟んで1三香→2二金、飛合は1二金に同飛なら同香成から1三飛。でOKかな?」

石原 守「3一角成と4四角をどちらが先なのかいろいろ悩んでしまいました。最後は個人的には馬で詰めたいので2二馬にしました。」

renbajinharuhi「初手は44角か、31角成の2択。44角、同竜、31角成、12歩合、同香成、同玉、13金、11玉で打歩詰。したがって31角成。ここで12と13への合駒がある。13への合駒は飛か金以外12金〜13角行成で詰み。13飛合は12金、同飛、同香成、同玉、13飛以下詰み。13金合は44角〜13香不成以下詰み。したがって12へ合駒だが、前に効く駒は同香成でとった駒を13から打って詰む。したがって頭の丸い駒だが、角は売り切れで必然の桂合。ここまでの変化を読み切れば後は一本道。8手目33へ銀以外の合駒は同一手順。銀は同角成〜12銀で桂余り。」

宮田敦史「簡素で良い。34歩は必要?8手目33桂はあまり気にならないか。」

★手数が分かっていると気にならないかも。

井上泰夫「開き王手で、かつ2枚の角で、ひとつ捨ててまで香車で奥まで攻めていたのがかっこいい!と思いました。」

内藤英一郎「1二か1三の合駒で、ずいぶん手こずり、また4三角に対する3三銀合もありかと思いましたが、最後銀余。これは手ごたえありました。」

野甚蔵「初手31角成と44角の二択と思います。どちらにしても、合駒を読まなくてはいけないので(2手目13金合いが大変)すごく着手をためらいます。実戦ならば悩まずに31角成でしょう。好作品ですが、何となく解きにくかったです。」

大野芳樹「なかなか厄介な合駒問題でした。変化手順だと思っていたのが作意手順で、作意手順だと思っていたのが変化手順でした。変化手順の二手目1三金合で、結構悩んでしまいました。」

小林常保「詰手順(本手順)はすぐに発見しましたが変化手順が多くあって正解を発見するのに少し手間がかかりました。例 初手より3一角成 1三飛合 1二金 同飛 同香成 同玉 1三飛 同龍 同角成 1一玉 1二飛まで11手詰の駒余らずの詰手順は変化同手数詰で こちらの解答も正解ですか? または変化別詰で不正解ですか?それなら別詰でない正しい変化手順を結果発表の際に教えてください。令和3年11月1日(月)午後6時00分に解答に着手→午後6時40分に解く→即日の午後11時14分に解答送信」

★正しい応手ではないので不正解です。

松岡利忠「12桂馬の合駒しかないのに、気付くかどうか。」

日坂 仁「合駒の種類・位置にも迷ってしまった。」

亀井慎太郎「31角成るに対する合駒は、桂馬に限定され、44角の時に合駒するのなら、銀になるが、エレガントさから観ると、44同龍の流れの方が良いように思う。合駒が、銀の時、22金に対して銀で取り、角成りで詰むのは、駒余りになるから、合駒に対して、銀以外の駒でと言う制約があるのでしょうか? まぁ、44角の時に、同龍と取れば、問題はないのですが、ヒントを観て、少し考えてしまいました。」

★44角に対して33銀合は、同角成と取って持駒が余ります。

岩田章利「2手目、一二歩、一三歩や一三金合と考えさせられる。8手目の別の正着というのは、3三桂合のことなのか。」

ふーあんこにゅ「比較的シンプルで美しい初形で解く気にさせられたのですが、合駒問題は正直疲れますね・・・。」

S.Kimura「合駒を読み切るのに骨が折れました.」

伊原恒裕「31角成、13金合、44角、33飛合などという手順を妄想した。作意は平明、明快です。」

今野盛基「意外に狭い玉でした。」

及川裕貴「初めて詰将棋パラダイスのHPを拝見し、その中で一番に出会った作品です。合っているかもわからずガムシャラに解いたのですが、詰将棋が面白いと再確認できる作品でした。 今後も詰将棋を楽しみたいと思えた作品ですが、今後の出会いにも期待して最初の評価はBとさせて頂きます。」

★またの解答をお待ちしています!

山城正樹「13に金と飛の中合の変化もあっていいですね。」

佐々木一範「どこかで4四角としそうだなぁと思いながら、角を成ったあとの合駒を考える。→前に進む駒駄目じゃん。桂合いか。→じゃ押さえ込んでから角出れば。→あれ?解けた。本当に合ってる? すんなり解けすぎると逆に不安になります・・・。」

大井芳行「この作品は持駒が金なので「貧乏図式」には該当しませんか? 8手目で「3三歩合」としたいが二歩でできないのがよい。その為の3四歩の配置でしたか?」

RINTARO「初手44角は同龍31角成12歩合で逃れ。3手目44角は33飛合にて逃れ。通常、初手31角成から7手目44角と出る手順を読むので、作意はすぐに分かる。2手目13金合の変化が44角で詰むことを確認した後、作品の狙いを考えることになる。」

北畑和美「どちらの角を動かすか,迷いましたが,44角は同龍で全然だめなので,すんなり作意に入れました。」

岩佐美帆子「角の出るタイミングを間違えそうになりました。」

★誤解者の大半は3手目44角でした。

三宅周治「守備駒を上におびき寄せる手順がうまい。」

池田 明「へそ曲がりの誤った詰手順を紹介します。これは不正解になりますネ! 初手より 3一角不成 1二桂合 同香不成 同玉 1三金 1一玉 4四角 3三桂合 2三桂 同香 2二角成(金)まで11手詰。しかし初手3一角不成とすれば1二歩合 同香成 同玉 1三歩 2三玉とされ次に2四金としても3二玉と逃げられます。この初手の成限定は気が付きにくい手です。実際に初手「3一角不成」とした方は何名いましたか?ゼロですか?」

★その誤解はありませんでした。

松田圭市「13金中合で逃れかと思った。頭がこんがらがる。」

ds竹「敬愛」

井上かぴ「44角のタイミングで2種類の逃れ筋が用意されているのが素敵。」

ダウドナ「う?ん。久々に解答にやや自信がない。月末に再送信するかもです。」

依田邦久「意外に一番単純な順で詰め上がりました。いつ角を捨てるのかがポイントでしたね。変化があまり無く私には解き易い作品でした。」

吉田真一「攻め方の選択肢が少ないことと、玉が狭い所にいることから、割と考えやすいと思いました。初手に対する玉方の合い駒の場所・種類には少し気を使いました。合っていますか?」

伯井清行「2手目「1二歩」は「同香 同玉 1三歩」以下、早詰み。「1三歩」も「1二金」以下、駒余り早詰め、となる。紛れは少ない。」

荘山「12桂合に対し3手目44角は、33飛合があるので、先に12香成〜13金を決めるのがポイントですね。」

marsall「2手目歩合だと打ち歩詰になるかと一瞬思ったが、取って13歩と打てばよいことに気づいて解決。」

★つい13金と打ちたくなります。

安井 豊「13金合とかも考えたりする。」

坂本栄治郎「綺麗に捌け攻め2枚の収束」

治山治水「初手3一角成りの空き王手から入ると正解に辿り着けるのですね。8手目で角を取らずに3三に合駒しても3四に歩がある為同じ手数になりますね。」

岡田隆司「歩合からの打歩詰に備えて角生…など回り道しました。」

堀口一雄「2手目13合は44角でダメなんですね。正解手順も44角が気持ち良い手ですね。」

あなすい「動けそうで動けない龍 気付きにくい問題でした。悩みました」

山田毅久「手順前後にご用心、ですね。」

木村 正「2手目の「1二桂合」さえ発見してしまえば後の手順は単調でした。 」

山田 正「玉方「3四歩」の配置の意味を教えてください。余詰防止ですか? 」

★意外な意味があるのですが、下の方の作者コメントで種明かし。

原田雄二「7手目44角が決め手。」

坂野孔一「44角に33桂合でも同じ?」

杉山正一「合駒が1二,1三と考えるのが厄介でした.」

kabo「正着はゴリ押しのような手順であるものの、12、13双方の合駒があり、合駒も歩(打歩狙い)、桂(頭が丸い)、中合の場合の飛・金(12金からの詰みの回避)があり、更に44角と出たときの33飛合・桂合のパターンがあって、変化を読むのに相当苦労しました。読み落としがないことを祈るばかりですが、大道将棋のような香りがあり、一作品で何度も楽しませていただきました。」

川崎宗男「2手目1三金や飛の変化がラスボスでした。1二歩の変化も良かったです。」

市原 誠「焦ると、失敗しますね…汗」

中村丈志「まず1三金中合を読みました。」

近藤寛己「ヒントを見て安心しました。」

原賀立太郎「2手目に「1二歩合」とすれば 同香成 同玉 1三金  1一玉となり次の1二歩が打歩詰で不詰かと思いました。1三金としないで1三歩として2三玉には2四金で単純な詰でした。つまり「金はとどめに残せ」と言う格言でした」

空蛙「初手は詰将棋らしい4四角ではなく、3一角成なのですね。7手目の4四角に3三桂だと作者さんの作風を外してしまうことになるのでしょうか。」

★やむを得ぬキズでした。

木火「初手が狭いようで広くて見つけにくい作品でした。」

神品和男「13金合が主軸のように見えて早詰する」

中野 実「8手目「3三桂合」として2三桂 同香 2二馬(金)としても変化同手数で正解ですが この3三桂合が限定打なので作品の価値を上げていますネ!3三歩合とすれば以下 同角 同龍となり次の1二歩が打歩詰で不詰です。しかし生憎「二歩」で合駒ができません。やっと玉方「3四歩」の意味が理解できました。ただ 清涼詰にならないのが残念です。」

堀口真志「2手目1三金の変化も面白いですね。」

橋本 樹「1三金合でややこしくなりそうな気がしたが、これにも4四角があった。」

小林 衛「初手「1二金」で詰めば傑作でした。同玉 3一角成 2三玉と逃げられてダメでした。」

井上浩一「4四角と出て龍の利きを外し、3一角成の空王手で詰めることはわかりましたが、王方が巧みな間駒を駆使するので、苦戦しました。これで正解でしょうか。」

川浜次夫「二手目は四択。その難易度は1二歩合<1三歩合<1二桂合<<<1三金合でした。正解手順(たぶん)より難しいなんて。」

★金中合に悩んだという声が多かったです。

高西慶次郎「初手の開き王手に対し、桂合が最強応手。その後の4四角というぼんやりした手で竜をそらし、取った桂で香車を引っ張り上げ2二を空っぽにする。すごい作品です。」

久保貴史「31角成限定がちょっといい。」

小林理恵「2ヶ月連続 銀が登場しない作品も珍しいですネ! 」

三森 満「変化が多く自信がありません。この答で合っているのやら。」

shimacharo「正解手順だけ見るときれいだが、変化が多くて読み切るのに時間がかかった。その変化は多彩で、特に2手目13金合の変化手順が、変化にはもったいないくらい面白い。」

さんちゃご「3手目に4四角と捨てても詰みそうだが、この場合は同龍と取ってくれず、3三飛合の妙防を喰らう。こういう“隠された好手”って萌えます。」

★同感。

aosagi「中合の変化が正解かと思いました。」

ピッコロ「4四角のタイミングですね」

日西金助「3手目4四角の罠に一度ハマりました。」

上谷昌昭「2手目1三金(飛)の中合いも悩ましかった。」

工藤 馨「合い駒が桂限定だったところを考えました。」

ポチ「ヒントと整合している手順か微妙で自信無です。8手目、同竜or33桂? 33桂だと角捨てないし・・・」

うーまん「4四角で龍をいなして完成。」

矢島悠生「1手目がすぐ見えたので、早く解くことができました。」

宇貞光明「初手は、12金かと思ったが違っていた。2手目の応手を読むのが、本作の中心か。」

★筆者の第一感も12金でした。

友沢友春「正解が分かりにくいように思います。」

浅沼英樹「自信無し。」

川端 潤「早く44角と出たくてうずうず。」

中山正夫「合い駒問題と解るまで、何度も考えました」

小川晃生「初手3一角成はあまりに直球なので、▲1二金から考えて結局遠回り・・・(´・ω・`) 8000回イベント、楽しみにしています(^-^)」

坂野 均「打ち歩問題かと思ってしまった。合駒は頭の丸い駒ですね。」

ゆるた「角を動かす位置やタイミング、また合駒も考えないといけないので難しかったです。」

山路大輔「初手はどちらの角を使うか。44角の応手は限定したい。」

市橋宗士「前月、大量の誤解答に驚いたが、解説を読むと自分も読抜かしがあり、誤解の仲間入りだった・・・ 今月も2手目の合駒がまず第一関門、合を取って頭金を打てば詰みと思いきや、隅に落ちられて、はたと手がとまる、ここで、何故、2一香配置なのかの理由が浮かびあがる、竜も効いている2三の地点が急所だった、となると合の種はあの駒に決定、角捨で竜を逸らして詰み上がり、駒余もなし、☆作者☆の意図は如何に? 皆既月食を惜しみつつ、夜半は更けていく・・・」

作者「空き王手で12の合駒を読ませる問題ですが、本作の狙いはズバリ龍の横利きをずらす?44角決行のタイミングです。1手目、3手目、7手目、どのタイミングでも同じ作意で詰みそうですが……。1手目は同龍でこのタイミングで龍の横利きがなくなると、以下31角成で12歩合!で打歩詰。3手目は同龍でいかにも正解のように作意と同じく詰みますが、33飛合!で逃れです。(これは完全に誤答狙いの罠です)というわけで龍を動かす?44角は7手目しか成立しません。本作玉方34歩はなくても作意成立しているのですが、初手44角だと打歩詰に陥る紛れにしたかったため置きました。」

★34歩がないと、初手44角は同龍、31角成、14龍で逃れ。この意図はちょっと珍しいかも。

片山 知「解答を送る前にもう1度解かされるタイプの作品です」

本多「受け方が多く、難しめでした。」

吉野松樹「2手目、13に中合いかと思いきや、中合いしても44角で竜が無力化されるのでだめですね。」

GEDZI「8手目は▽同龍しか思い浮かびません。解答はちょっと自信ないです(--;)」

有田和洋「44角の前準備が巧い」

冷奴「ズバッと決まる44角の気持ち良さ。斬幻剣、鶴翼返し(角翼!)」

早田弘之「これは見るからに44角と捨てる型 でも初手からやると開王手に歩合で打歩詰が避けられなくなる 初手に開王手をやると前に効く駒は打てないので桂となる 8手目二通りの応手は同龍と33桂 でも私は変化のほうが解りづらかったです 2手目13桂の場合はヒントの手順にならずに角を右に使うので」

北町奉行「9手目の23桂までの早詰みと思い込んで、他の手順ばかりを考えていましたが、図面を見ると23桂は21香に取られるので、結局、11手詰めになるのですね。寝床で考えているとこんなことが多いです。ヒントで8手目の正着は2通りあると聞いて慌てて考え始めましたがよくわかりませんでした。33銀でしょうか。相変わらずあやふやなまま解答しています…。」

森田 正「13金を決める前に44角と出ると、33飛合で詰まないのですね。危うく引っかかるところでした。」

占魚亭「44角が絶妙のタイミング。」

松θ拓矢「手順前後の罠。ただ、紛れよりも作意の方がより確実な順に見えるので、誤解数はあまり多くならないと予想。」

★通常よりは多めの誤解でしたが、33飛合を見抜いた皆さんの健闘が光りました。

武内洋介「この形を見ると2手目1三金合から考えてしまう。」

★詰将棋あるあるですね。

林 茂広「2手目をどう受けてもも44角の筋で決まりですね。」

眞壁朝春「単純そうですが、何の駒を、どこに合駒すれば最善になるのかを考えるのが、難しかったです。初手4四角を考えて、泥沼にはまりました。」

長谷川和久「初手は31角成だろうが、2手目が難しかった。」

佐々木昭則「初手24角成や44角も浮かんで、相当迷いました^^;31角成とあっさり行くのがいいのですね。2枚の生角の見事な連携でした。気持ちいいです^^」

★24角成で一局できそうですね……。

ひろてん「玉方3四の歩がなんのために置いてあるのかわかりませんでした。ご教示のほどお願い致します。」

バビル3世「作者からいって、清涼は間違いないと確信していたがその通りだった。」

渥美雅之「初手31角成に対して桂合以外は早詰、13金と押さえて44角捨て、23桂から詰め上りは面白いです。」

松本 繁「後から、ヒントを見て8手目に2通りの応手があるとなっていたので33桂馬合もありだなとわかりました。桂馬以外は同角成で駒あまりになるんですね。」

北原幹久「シンプルな配置図の面白さ、敵の合駒を逆獲りしての巧妙な詰手順、決して悪くないのだが、やや紛れとパンチに欠けた氣がする。初手に1二金が利いて少しでも詰む雰囲気になれば面白いが1二金、3一角成、2三玉…で、直ぐに不詰が見えてしまう。4四角ともう一本の合わせ技があれば?!最高!!」

りらっくす「3手目44角は33飛合で詰まないんですね。軽いですが手順と合駒の綾が楽しめます。」

田口 亮「8手目のもう一つの正着は3三桂合でしょうか?」

櫻井克巳「2手目13金の中合かと思ったら、同手数歩余りでした。」

小野寺隆「2手目の合駒を1二と1三の二ヶ所でいろいろ考え、混乱しました。」

岸本昌大「手頃な練習問題?」

青山良秀「桂の入手で詰上がりの形が見えて来ますね。」

黒木雅明「中々の好形で解図欲が湧きます。8手目は桂合もありだと思いますが、ここはすっきり同龍。」

小池正浩「初手44角から考えましたが、33桂合で逃れですね。7手目に今度こそ44角で解決しました。」

★33桂合も詰みませんね。

村井大士「変化が難しかったです。」

浜野乙三「変化やマギレが多く苦労しました」

池田秀三「初手はこれしかないところで、合駒が問題。第一感は13金だったが、44角で駒余り(そこで33龍か33飛が効けば傑作なのだが…)。12桂合が正解と思うが、どの合駒でも似た詰筋になるので、やや面白味に欠けるか。」

原岡 望「やりにくい初手。難問。」

門田和雄「初手は▲12金や▲44角で迷う、▲31角成に合駒が歩か桂か・歩なら取って▲13歩が利く。▲13金は駒の利きがダブルので打ちにくいなあ。▲23桂打ちをつくる▲44角が面白い。拠点で迫る馬に捨てる角、同じ角でも役目が違う。(らすとde)」


【当選者発表】

■お一人様で何通もの解答を送られた場合、もっとも先に届いたもののみ有効とします。また、お名前(ハンドルネーム)は必ず記載してください。記載のなかった場合、メールアドレスの最初の部分(「@」の直前)の一部を掲載させていただきす。お名前、アドレスともに記載のない場合は、短評のみ掲載し、正解者リスト掲載や抽選からは除外いたします。悪しからずご了承ください。

詰パラ最新号を5名様に進呈いたします(定期購読者の方は誌代1ヵ月分入帖)。

■解答時にメールアドレスを記載された方には、発送先をお尋ねするメールを送りますので、折り返し必要事項をお知らせください。

当選者はこちらの皆様です!

 当選者……バビル3世さん、坂野孔一さん、吉野松樹さん、片平冨二夫さん、村越孝一さん

■おめでとうございます(^-^)


【正解者(変則五十音順、敬称略)】

【英字】 aosagi■ds竹■GEDZI■kabo■kentara7■marsall■renbajinharuhi■
RINTARO■shimacharo■S.Kimura■tetuya sanada■
【記号・数字】  
【ひらがな】 あなすい■うーまん■さんちゃご■そらお■ひいくん■ひろてん■ふーあんこにゅ■ゆるた■りらっくす■
【カタカナ】 ダウドナ■タカシ■トマト使いめりるりら■バビル3世■ピッコロ■ポチ■

【あ】

青山良秀■浅沼英樹■渥美雅之■有田和洋■池田 明■池田秀三■石原 守■市橋宗士■市原 誠■伊藤孝志■井上かぴ■井上浩一■井上泰夫■伊原恒裕■岩佐美帆子■岩田章利■宇貞光明■江口雅春■及川裕貴■大井芳行■大野芳樹■岡田隆司■小川晃生■小野寺隆■
【か】 片平冨二夫■片山 知■門田和雄■上谷昌昭■亀井慎太郎■川崎宗男■川端 潤■川浜次夫■貴棋■岸本昌大■北畑和美■北原幹久■北町奉行■木村真二■木村 正■工藤 馨■久保貴史■黒木雅明■黒柳淳之■小池正浩■神品和男■小林常保■小林 衛■小林理恵■近藤寛己■今野盛基■
【さ】 坂野孔一■坂野 均■坂本栄治郎■櫻井克巳■佐々木昭則■佐々木一範■白石直人■杉山正一■占魚亭■荘山■空蛙■
【た】 高西慶次郎■野甚蔵■高橋昌之■滝沢 創■田口 亮■武内洋介■治山治水■出口智博■友沢友春■
【な】 内藤英一郎■中野 実■中村丈志■中山正夫■西村 章■日坂 仁■野村孝二■
【は】 伯井清行■橋本 樹■長谷川和久■浜野乙三■林 茂広■早田弘之■原岡 望■原賀立太郎■原田雄二■日西金助■冷奴■堀口一雄■堀口真志■本多■
【ま】 眞壁朝春■松岡利忠■松θ拓矢■松田圭市■松本 繁■南里憲司■三森 満■三宅周治■宮田敦史■村井大士■村越孝一■目堅浩久■木火■森田 正■
【や】 矢島悠生■安井 豊■山路大輔■山城正樹■山田毅久■山田 正■吉田真一■吉野松樹■依田邦久■米山 敦■
【ら】  
【わ】  

このページのトップへ